仲間のトラック同士がすれ違うときにクラクションで挨拶! 一般車はビックリするけどあれって「違法」じゃないの? (1/2ページ)

仲間のトラック同士がすれ違うときにクラクションで挨拶! 一般車はビックリするけどあれって「違法」じゃないの?

この記事をまとめると

■トラック同士がすれ違うとき、クラクションで挨拶を交わしていることがある

■これは違反にならないのかについて解説する

■ハザードや挙手挨拶についても記述

NGな場面でクラクションを鳴らすと「警音器使用制限違反」に

 最近はあまり見かけない気もするが、トラック同士がすれ違うとき、クラクションで挨拶を交わしているような場面に出会すときがある。

 顔見知りのドライバー同士の挨拶なのか、(大型車なので)狭い道で譲り合ったときのサンキュークラクションはわからないが、トラックやダンプなどの大きなクルマにクラクションを鳴らされると、ドキッとする人も少なくないはず。

 鳴らし方にもよるが、軽く、小さく、短いクラクションの挨拶なら、許容範囲という気もするが、厳密にいうと挨拶クラクションやサンキュークラクションは道交法違反になる。

【関連記事】トラックドライバーの悲鳴と本音! 乗用車に「やめて欲しい行為」4つ

トラックのイメージ画像はこちら

道路交通法第54条第2項

「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない」

 がその根拠。

 要するに「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所と、危険防止のやむを得ないケース以外でのクラクションの使用は一切禁止ということ。

 当事者同士は悪気のないコミュニティの一環だとしても、事情がわからない周囲の人にとっては威圧感を感じたり、プレッシャーを感じるものなので、大型車、小型車に限らず合図や挨拶代わりにクラクションを使うことは控えるべきだ。

 なお、上記の道交法に反して、本来NGな場面でクラクションを鳴らすと、「警音器使用制限違反」が適用され、車両を問わず3000円の反則金が科せられることになっている(違反点数はなし)。

画像ギャラリー


新着情報