「空気清浄システムプラス」を標準化で車内がクリーンな空間に! ジャガーF-PACE2023年モデルの受注を開始

noteで書く
「空気清浄システムプラス」を標準化で車内がクリーンな空間に! ジャガーF-PACE2023年モデルの受注を開始

この記事をまとめると

■改良を施したジャガーF-PACEが2022年4月13日より受注を開始

■ホイールのラインアップを見直して2デザインを追加

■「空気清浄システムプラス」は全グレードに標準装備

各種装備やオプションを見直し2023年モデルが受注開始!

 2016年にジャガー初のSUVとして登場した「F-PACE」。すでに登場から6年が経過しているが、いまだその人気は衰えていない。そんなF-PACEが一部改良を実施し、「2023年モデル」として受注を開始した。2023年モデルでは、各種装備やオプションが見直されている。

 エンジンタイプは、最新の2リッター直列4気筒インゲニウムディーゼルエンジン(MHEV)、2リッター直列4気筒インゲニウムガソリンエンジン、5.0リッターV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンの3種類となり、全10グレードを展開する。

 ホイールはラインアップを見直し、19インチ”スタイル5037″ アロイホイール(グロススパークルシルバーフィニッシュ)と、21インチ”スタイル5105″ アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)の2デザインを追加した。

【関連記事】【人間vs自動車】プロテニスの錦織圭選手がジャガー F-PACEとまさかの対戦!

改良を施したジャガー『F-PACE』が2022年4月13日より受注開始画像はこちら

 また、装備面も見直されており、「空気清浄システムプラス」が全グレードに標準装備となったほか、メリディアンサウンドシステム(R-DYNAMIC SE)や、ヒーターマッサージ機能が付いた16ウェイ電動フロントシート(R-DYNAMIC HSE)も標準装備となっている。

 2リッターディーゼルモデルは770万円から、2リッターガソリンモデルは759万円から、5リッターV8ガソリンモデルは1430万円となっている。

 スポーティさと実用性を兼ね備えた高級SUVの今回の改良は、F-PACEが気になっていたユーザーの背中を押してくれるのではないだろうか。

画像ギャラリー


新着情報