パワーで! 価格で! そして燃費で! 「アルト vs ミラ」の40年に渡る闘いが熱すぎる (1/2ページ)

noteで書く
パワーで! 価格で! そして燃費で! 「アルト vs ミラ」の40年に渡る闘いが熱すぎる

この記事をまとめると

■軽自動車の代表車種を初代モデルから比較してみた

■どちらも似たようなモデルを出すことで対抗しており、白熱していた

■スポーツモデルも一時はあったが、現在は燃費に重きを置いているモデルが多い

軽自動車二大巨頭が繰り広げたライバル対決を振り返る

 かつてしのぎを削ったトヨタ・コロナと日産 ブルーバードの“BC戦争”や、ラリーを舞台に切磋琢磨を繰り返していたスバル・インプレッサと三菱ランサーエボリューションのように、ライバル関係にある車種は数多い。

【関連記事】これが本来の姿だ! スズキ・アルトバンの軽自動車すぎる潔さ

ランエボとインプの並び画像はこちら

 そんなライバル関係にある車種のなかで、庶民のアシとして現在に至るまでその役目を果たしつづけているのが、スズキ・アルトとダイハツ・ミラではないだろうか。今回はそんな軽自動車の2車種を比較してみたい。

アルト走り画像はこちら

 昨年末に9代目へフルモデルチェンジを果たしたアルトに対し、ミラは2018年に販売を終了し、現在はミラから派生したミライース(2代目モデル)がそのポジションを担っている。

 デビューが早いのは1979年5月に登場したアルトで、5代目フロンテの商用(バン)モデルとして登場した。この初代アルトは税制面で有利な商用登録であることと、47万円という超低価格で瞬く間に大ヒット車種になったのである。

初代アルト全体画像はこちら

 一方のミラは1980年にMAXクオーレの後継車種であるクオーレの商用モデルとして登場。当時は「ミラ・クオーレ」という車名だったが、82年のマイナーチェンジのタイミングで単に「ミラ」という車名となった。

初代ミラ全体画像はこちら

 価格面ではアルトに及ばなかったミラではあるが、1983年に41馬力を発生するターボモデルを追加。軽自動車の馬力競争の口火を切ることになる。

ミラターボ画像はこちら

 対するアルトは、初代モデルこそターボモデルを設定しなかったが、2代目モデルにターボモデルを追加。こちらは軽自動車初の電子制御燃料噴射装置付インタークーラーターボエンジンを搭載し、ミラターボを上まわる44馬力をマークしていた。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報