アウディ A1 スポーツバックの限定モデル「シティカーバー」に第2弾! 黒をキーカラーにした「ブラックスタイルプラス」を発売

noteで書く
アウディ A1 スポーツバックの限定モデル「シティカーバー」に第2弾! 黒をキーカラーにした「ブラックスタイルプラス」を発売

この記事をまとめると

■アウディA1スポーツバックの限定モデルとして人気の「シティカーバー」に第2弾が登場

■アウディのオフロードルックを採用し黒をキーカラーにした限定モデル

■限定125台の販売で価格は464万円

A1スポーツバック比で最低地上高40mmアップ

 全長約4mのコンパクトなボディに広い室内空間を実現し、アウディの先進技術が詰め込まれているプレミアムコンパクトハッチのA1スポーツバック。そんなA1スポーツバックには、かつてSUVテイストをプラスして人気を博した派生モデル「シティカーバー」があったが、この度、シティカーバーの第2弾として「A1シティカーバー・ブラックスタイル・プラス」が限定発売されることになった。

【関連記事】職業ドリフト・アーティスト! モータースポーツではイマイチだった「カリスマドライバー」ケン・ブロックって何者?

スポーツバックをベースとした限定モデルが発表画像はこちら

 A1シティカーバー・ブラックスタイル・プラスは、前回のシティカーバー同様に、最低地上高を40mmアップし、アウディのオフロードモデルの証となる八角形のシングルフレームグリルが与えられているのが特徴だ。

 さらに今回のA1シティカーバー・ブラックスタイル・プラスでは、エンブレムをブラックアウトしたブラックアウディリングスやミトスブラックメタリックのコントラストルーフ、プライバシーガラス、ブラックアピアランスルーフなど、黒をキーカラーとした加飾がされている。

アウディ A1 スポーツバックをベースとした限定モデルが4月26日より発売開始画像はこちら

 ホイールには、5スポークYスタイルグラファイトグレーの17インチアルミホイールが採用され、アウディのオフロードモデルらしい力強さが表現される。

 インテリアは、A1のアドバンスドグレードと共通のデビュークロス/ブラックとスチールグレーの組み合わせにより、内外装の統一感を演出。コンビニエンスパッケージ、運転支援システムのアシスタンスパッケージ、インテリアライティングパッケージなど、人気のオプションも標準装備となっている。

インテリアは、A1のアドバンスドグレードと共通のデビュークロス/ブラックとスチールグレーの組み合わせにより、内外装の統一感を演出画像はこちら

 パワーユニットは、最高出力116馬力、最大トルク200Nmを発揮する1リッター直噴ターボエンジンに、乾式デュアルクラッチを備える7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、パフォーマンスと優れた実用燃費を両立した。

 A1シティカーバー・ブラックスタイル・プラスは、ボディカラーに「クロノスグレーメタリック」と「アローグレーパールエフェクト」の2色を設定して限定125台の販売。価格は464万円だ。

 SUVテイストのエクステリアが与えられたアウディA1シティカーバーは人気の限定モデルなだけに早期売り切れは必至。前回のモデルを買い逃した人にとっては、今回の第2弾はまさに朗報。また、アウディA1スポーツバックの購入検討をしていた人にとっても魅力的なモデルとなっているだけに、決断は急いだほうがいいだろう。

画像ギャラリー


新着情報