話題の「韓国車に中国車」に投機目的での「高級スポーツカー」! いま買ってはいけないクルマはあるか? (1/2ページ)

noteで書く
話題の「韓国車に中国車」に投機目的での「高級スポーツカー」! いま買ってはいけないクルマはあるか?

この記事をまとめると

■いま買っていいクルマ&買ってはいけないクルマについて解説

■投機目的での購入はおすすめできない

■EVや韓国車・中国車についてはケースバイケース

投機目的でのクルマの購入はNG!

 買っていいクルマ、買ってはいけないクルマ、なんともショッキングなタイトルですが、世界的な金利上昇、あるいはEV、中国・韓国車の台頭などなど、こんな世の中ではクルマを買うにも慎重を期したいとお考えの方、たくさんいらっしゃることでしょう。そこで、いま買わないほうがいいかもよってクルマ、あるいは「まだ」買わないほうがいいクルマなどなど、ちょっとしたご案内をしてみましょう。

 ここ最近までは世界的に金余りの状況で、新車・中古車市場ともに好調でしたね。それゆえ、アメリカや欧米では中古車、とくに高級車の場合は高値傾向が続き「いっちょクルマ買って儲けちゃる!」てなユーザーがたくさんいたわけです。

 ただし、前述の金利上昇政策とウクライナ情勢のおかげで、金融市場はもとよりクルマ市場は混迷すること必至。具体的にいえば投機目的でクルマを買うのは「絶対やめろ!」になります。

【関連記事】【すぐに壊れない? 安全面は大丈夫??】10万円台の「買ってはいけない」中古車と「買っていい」個体の見分け方

ポルシェ911の走り画像はこちら

 たとえば、ポルシェ911。性能では文句なしに「買い」モデルではあります。ですが、投機ってことになるとちょい話が違ってきます。GT3やスポーツクラシックといった「役付き」モデルはこれまでプレミアム性(希少価値)から中古車市場でも高止まりでしたが、現状では役付きモデルであっても待ち時間(と高価格)さえ覚悟しておけば手に入ることは入るのです。となると、アナタ同様「高値買い取り」を期待して市場に放出するタマも増えることになり、結果として以前ほどのウハウハは味わえないことに。もっとも、先ごろ発表されたスポーツクラシックは値段も、輸入台数もわかりませんので、いわばオッズ不明。投機として「いっちょ買ったるか!」というのもオッズ次第ではアリかもしれません。

ポルシェ911スポーツクラシックのフロントスタイリング画像はこちら

 ほかの高級スポーツカーについても投機目的ならば大同小異。すべては金融マーケットを睨みながら、オッズを研究することおすすめします。

noteで書く

画像ギャラリー

カテゴリー:

新着情報