クルマだけじゃなくパーツ盗難も多発! なんと「触媒だけ」が狙われることもある盗まれがちな部品6選+α (1/2ページ)

noteで書く
クルマだけじゃなくパーツ盗難も多発! なんと「触媒だけ」が狙われることもある盗まれがちな部品6選+α

この記事をまとめると

◼︎クルマのパーツで盗難されやすいモノをリストアップ

◼︎ロックナットも無いよりは有効だが、窃盗のプロ相手にはそれも役に立たない場合もある

◼︎最近人気の古いスポーツカーは盗難されやすいので要注意だ

「自分は大丈夫」と思わないで!

 嫌な世の中になったもんだと嘆きたくなるほど、盗難被害は日常化している。もちろん昔からあったものの、今ほど頻繁で身近でなかったし、最近は悪質化しているのでたちが悪い。

【関連記事】盗難車ランキング上位5位は全部がトヨタ! 狙われやすい理由とは?

盗難例画像はこちら

 クルマ自体の盗難もさることながら、問題はパーツの盗難も頭が痛いところだ。今回は盗まれやすいパーツについて考えてみよう。

ホイール

 昔から定番なのがホイールだ。盗んだ人が自分で使うだけでなく、中古市場が形成されていることもあって、現金化しやすいのも盗む側としてはメリットとなっている。

ホイール画像はこちら

 中古店の場合、買い取り時に身分証明書の提示を義務付けているところが多いが、それとてもなにか問題が起こってから役に立つもので、未然に防ぐ効果は期待できない。盗まれるシチュエーションとしては、気がついたらブロックの上に車体が乗っていたというのが定番だ。防止するにはロックナットの使用が一番で、高額ホイールではよく付けているのを見る。

ロックナット画像はこちら

 ただし、詳しい方法は紹介しないが、プロにかかれば外すのは簡単で、ないよりはマシ程度だったりする。ほかには壁側に寄せて止めるなどの対策程度だろう。

ナンバープレート

 ナンバーもよく盗まれる。理由は盗難車に付けるからというのが一番多いが、海外での日本車流行りを受けて、ファッション的なアイテムとして人気が出ているために盗まれるというのも増えている。実際に海外での摘発例もあるほどだ。

ナンバー外し画像はこちら

 ユーロナンバーと言って日本でも一時、ヨーロッパのナンバーが流行ったがそのなかには盗難されたものもあったのでそれと一緒というか逆パターン。対策はロックボルトの使用が定番だ。

画像ギャラリー


新着情報