【試乗】ルノー初のフルハイブリッド車「アルカナ」! F1仕込みの技術で「スムースさ」極まる走りの都会派SUVに仕上がっていた (1/2ページ)

【試乗】ルノー初のフルハイブリッド車「アルカナ」! F1仕込みの技術で「スムースさ」極まる走りの都会派SUVに仕上がっていた

この記事をまとめると

■アルカナはルノー初のハイブリッドモデル

■カテゴリーはスタイリッシュなクーペSUV

■F1由来のドッグクラッチトランスミッションを採用する

ルノー特有の個性を滲ませながらもアクを取り除いている

「輸入車唯一のフルハイブリッド」

 ルノー・アルカナはこんなセールストークで語られる。均整の取れたスタイリッシュなクーペスタイルを持ち、ルノー特有の個性を滲ませながらもアクを取り除いている。最低地上高は200mmもありながら、1580mmに抑えられている。都会的な雰囲気漂うクーペSUV。だが、その上質な佇まいよりも中身、フルハイブリッドシステムに興味がそそられる。

【関連記事】座席の間に800馬力のF1エンジンを積んだ衝撃作! 間違いなく史上最強の「怪物ミニバン」のエスパスF1って何もの?

「輸入車唯一のフルハイブリッド」 ルノー・アルカナはこんなセールストークで語られる画像はこちら

 E-TECH HYBRIDと呼ばれるハイブリッドユニットは、駆動用のメインモーターとハイボルテージ・スターター&ジェネレーター、いわば発進の瞬間はスターターを兼ねるHSGがすべてを受け持つ。巡航クルーズに移行すれば、搭載する直列4気筒1.6リッターNAユニットと電気モーターがパラレルで連携、高速域では完全なガソリンエンジンとして機能。誤解を恐れずに言うならば、ホンダのe:HEVに似た制御なのである。

 つまり、信号待ちからの発進などは、低回転域のトルクとレスポンスに優れたメインモーターの力でグイグイ速度を乗せていき、クルーズ状態ではその時々の状況に応じて、エンジンを電気モーターがアシストして速度をキープ。あるいはさらに強い加速力を求めるならば、エンジンは唸りを上げてさらに電気モーターが加勢をするというスタイルだ。高速域の巡航は、内燃機関がもっとも得意とするゾーンだ。燃費を稼ぎながら、目的地を目指すというわけである。

「輸入車唯一のフルハイブリッド」 ルノー・アルカナはこんなセールストークで語られる画像はこちら

 駆動用バッテリーは1.2kWhであり、数値にすればそれほど強力ではないが、スロットルペダルに足を乗せた瞬間にスルスルとボディを進める。エンジンは148Nm、メインモーターは205Nm、HSGは50Nm。床までアクセルを踏み込むや否や鋭くダッシュするのは想像のとおりだ。

画像ギャラリー


新着情報