シート外しにミッション交換! もはや何でもアリの「ニュル最速」はエンタメを割り切って「ニュルで仕上げた」にこそ価値がある (1/2ページ)

シート外しにミッション交換! もはや何でもアリの「ニュル最速」はエンタメを割り切って「ニュルで仕上げた」にこそ価値がある

この記事をまとめると

■世界一過酷なサーキットとされるニュルブルクリンクでは常に「最速」が競われている

■ポルシェ vs AMG、ルノー vs ホンダの最速の称号をかけた戦いが熾烈だ

■ラップタイムの優劣よりも「ニュルで鍛えられた」という事実に価値を見出したい

さまざまな分野で「最速」が争われているニュルのタイムアタック

 それは昨2021年6月14日のことだった。世界でもっとも過酷なサーキットであることから、「グリーン・ヘル(緑の地獄)」とも呼ばれる、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(北コース)で、ポルシェの911GT2RSが、ニュルブルクリンク・スペシャリストともいえるマンタイレーシングと共同開発した「マンタイ・パフォーマンスキット」を装着したモデルで、6分38秒835というラップタイムを記録。

【関連記事】オヤジセダンから軽自動車まで! 「ニュルブルクリンク」で走りを鍛えた「意外な」クルマ4選

ニュルブルクリンク最速タイムを記録したポルシェ911 GT2 RSとマンタイレーシングのスタッフ画像はこちら

 これは改修後のグランドスタンド前のショートストレート部分を除いた20.6kmコースで記録されたもので、それまでの記録はメルセデス・AMGブラックシリーズによる6分43秒616というものだった。

メルセデスAMG GTブラックシリーズの走行シーン画像はこちら

 もちろんリヤに搭載されるエンジンは最高出力が700馬力にも達し、サスペンションやブレーキ、そして剛性を担うボディーなど、911GT2RSにはそれ自身スーパースポーツとしてのハイエンドを極めるに相応しいスペックが与えられているのだから、本来ならばノーマルの状態でラップタイムに挑戦してほしかったというポルシェのファンも多いことだろう。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報