なんとV型16気筒エンジンを横置き! リトラのヘッドライトは上下2段! わずか15台生産の「チゼタV16T」という異色スーパーカー (1/2ページ)

なんとV型16気筒エンジンを横置き! リトラのヘッドライトは上下2段! わずか15台生産の「チゼタV16T」という異色スーパーカー

この記事をまとめると

■チゼタ・モロダーV16Tはランボルギーニ出身エンジニアと世界的作曲家により生み出された

■ガンディーニデザインのボディに6リッターV16エンジンをミッドシップに横置き搭載する

■経営難による倒産などにより、累計生産台数は15台とされている

自らの名を掲げるスポーツカー製作の夢追い人がここにもひとり

 今回は、さまざまな運命に翻弄された一台のスーパースポーツを紹介しようと思う。それは1988年に第一号車が完成したチゼタV16T。いや、正確にはこのとき、チゼタ・モロダーV16Tというネーミングを与えられたイタリアン・スーパースポーツカーだ。

【関連記事】「二度見」確実の「異形っぷり」! 日本車じゃ絶対あり得ない海外のぶっ飛びデザインカー7選

チゼタ・モロダーV16Tのフロントスタイリング画像はこちら

 チゼタ・モロダーという社名は、同社を設立したふたりの人物、ランボルギーニ出身のエンジニアであり、またメカニックのクラウディオ・ザンポッリのイニシャル、C.Z.のイタリア語読み、「チゼタ」と、作曲家として世界的な成功を収めていたジョルジョ・モロダーのファミリーネームである「モロダー」を組み合わせたものである。

チゼタ・モロダーV16Tのリヤスタイリング画像はこちら

 ザンポッリはランボルギーニを退職後、長らくアメリカのカリフォルニア州で同社の正規ディーラーを経営していたが、自らの名を掲げるスーパースポーツを作り上げるために、その成功をステップに再びモデナへと戻り、モロダー氏からの資金提供を受けニューモデルの開発をスタートさせることになったのだ。

チゼタ・モロダーV16Tのインテリア画像はこちら

 スーパースポーツカーメーカーが数多く存在するモデナやその周辺には、小規模な台数のモデルを生産するためにも、フレキシブルに対応してくれる企業が数多く存在する。クロームモリブデン鋼で組み上げられたスペースフレームなどは、それら企業の協力によって成し遂げられた典型的な例で、さらにスーパースポーツの核ともいえるエンジンの調達には、ランボルギーニ出身のエンジニアによってモデナに設立されていた、テクノスティーレ社がそれに協力した。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報