SUVだらけで食傷気味ならワゴン一択! 掛け値なしにカッコいい「ツウ感全開」のちょい古ステーションワゴン6選 (1/2ページ)

SUVだらけで食傷気味ならワゴン一択! 掛け値なしにカッコいい「ツウ感全開」のちょい古ステーションワゴン6選

この記事をまとめると

■国産ワゴンは市場が縮小しており選べる車種が少ない

■ワゴンはSUVよりも使い勝手も走りも優れている場合が多い

■ちょい古モデルから最近のモデルまででオススメの中古ステーションワゴンを紹介する

SUVブームだからこそ今はワゴンに乗るべき!

 空前のSUVブームで街中やリゾート地、アウトドアフィールドには国産、輸入SUVが溢れかえっている。素人目にはどれも同じようなカタチに見え、下手をするとブームに乗っかったクルマの選択……なんて思われるかも知れない。

【関連記事】実用的なのにスポーツカー顔負け! 爆速SUV・ワゴン・ミニバンが凄すぎた

ヴェゼル画像はこちら

 そこで今、あえて”ハズシ”の美学で乗りたいのが、かつて一世を風靡したちょい古のオシャレなステーションワゴン。セダンに準じる運転感覚、取りまわし性の良さ、燃費の良さ、そして全高1550mm以下なら立体駐車場への入庫も容易な使い勝手の良さに加え、SUV以上に荷物の積載が楽な低フロアのラゲッジスペースを備えているのだから、普段使いはもちろん、アウトドア、キャンプの足にも最適とさえ言えるのである。

レヴォーグ画像はこちら

 そんなステーションワゴンは現在、超高速走行性能が求められる欧州車には数多く存在するものの、国産車の新車では激減中。ミニバンやSUVにその座を奪われているのが実情だ。5ナンバーサイズで使いやすさ抜群のホンダ・シャトルも年内でその役割を終えることになっている……。

シャトル並び画像はこちら

 では、ちょい古のオシャレステーションワゴンにはどんな車種があるだろう。まず輸入車から見てみると、その筆頭がボルボ240シリーズだ。

240エステート画像はこちら

 日本では1980~90年代にブレイクし、そのエステートと呼ばれるワゴンはカタカナ職業の人たちに絶大なる人気を得ていた。90年以降のモデルにエアバッグ、91年以降のモデルにABSが装備され、クルマの安全性能をリードしてきた1台でもある。

240エステートサイドビュー画像はこちら

 クラシックボルボエステートとして、今見てもむしろスタイリッシュでオシャレに感じさせてくれるほどである。この当時、ボルボは世界でもっともワゴンを製造していた自動車メーカーでもあったのだ。

 そんな240シリーズの後継車となるのが、FRからFFレイアウトになった850シリーズだ。

850エステート画像はこちら

 1992年に販売が開始され、93年にワゴンモデルを追加。5気筒エンジンを搭載し、240以前の安全第一のイメージを払拭した、洗練されたスポーティイメージも加わった。セダンも用意されていたが、やはりエステート人気が圧倒的だった。

850Rリヤ画像はこちら

 日本のワゴンに大きな影響を与えたのはもちろんで、850エステートは1994年度グッドデザイン賞を獲得したほど。セダンほど四角さが強調されないエクステリアデザインは、今見ても決して古さを感じさせない。

名前:
青山尚暉
肩書き:
2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
趣味:
スニーカー、バッグ、帽子の蒐集、車内の計測
好きな有名人:
Yuming

画像ギャラリー


新着情報