実用的なのにスポーツカー顔負け! 爆速SUV・ワゴン・ミニバンが凄すぎた (1/2ページ)

実用的なのにスポーツカー顔負け! 爆速SUV・ワゴン・ミニバンが凄すぎた

この記事をまとめると

■「ミニバン」「ワゴン」「SUV」のジャンルで俊足なモデルを紹介

■ハイブリッドやEVはガソリン車には不可能な加速が可能だ

■総出力1000馬力オーバーのSUVも登場している

スポーツカーじゃないのに超速いクルマとは

 SDGsだの、カーボンニュートラルだの言っている時代に「クルマは速いほうが偉い」と公言するのは憚られるが、それでも速さが商品力において重要なファクターであることは、プレミアムブランドのモデルが、たとえスポーツカーでなくとも0‐100km/h加速の0.1秒の違いをアピールしていることからも間違いない。

【関連記事】見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

マカン走り画像はこちら

 というわけで、ここでは“いま日本で買える”ミニバン、ステーションワゴン、クロスオーバーSUVの3カテゴリーから、速さでおすすめできるモデルをピックアップして紹介しよう。と、言っても速さの指標はひとつではない。ゼロ発進加速と最高速が完全に比例するわけではなく、また0‐100km/hが速くてもコーナリングがさっぱりといったケースもある。

 すなわち、これが最速マシンだ! といっても異論反論が出てくることだろう。あくまで独断と偏見で選んだカテゴリー最速モデルと理解して楽しんでいただければ幸いだ。

 まずはミニバンから。このカテゴリーは海外モデルが少なく、どうしても国産から選ぶことになる。そうなると圧倒的にパフォーマンスが高いといえるのはトヨタ・アルファード、それも3.5リッターV6エンジン+8速ATのパワートレインを積んでいるグレードだ。

アルファード走り画像はこちら

 燃料供給システムとして筒内直接噴射とポート噴射を併用する「D-4S」や、吸排気の可変バルブタイミング機構「デュアルVVT-i」を採用した「2GR-FKS」エンジンの最高出力は221kW(301馬力)。最大トルクは361Nmとなっている。

 いくら車体が2tを超える重量級であっても、これだけのパワーがあればミニバンとは思えない加速をみせる。その速さはオーナーだけでなく、高速道路などで見かけるアルファードの走りからも感じているというドライバーが多いはずだ。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報