「ギリギリ」ファミリーカー! 走りを捨てられない男が「コッソリ」選ぶべきクルマ6選 (1/2ページ)

「ギリギリ」ファミリーカー! 走りを捨てられない男が「コッソリ」選ぶべきクルマ6選

家族持ちが選んでもギリギリOKな走り系モデル!

 クルマ好き、走り好きな男性がいちばん恐れているのは、結婚して子供ができたら、自分の意思でクルマ選びができなくなってしまう、ということではないでしょうか。家族に押し切られてミニバンになってしまうとか、都心部に住んでいたら最悪はもう、マイカーは手放してカーシェアにしてくれなんて言われる可能性もあるわけです。クルマ好きにとっては、それは何としても阻止したい状況ですよね。

 それなら、スポーツ系や走り系のクルマでも、家族にもちゃんとメリットがあって、納得してもらえるようなクルマを選べばいいのです。さすがに2シーターのスポーツカーというのは現実的じゃないですが、探せばあるものです。今回はそんな、家族持ちが選んでもギリギリOKかな、という走り系モデルたちをご紹介したいと思います。

1)トヨタGRヤリス

 まずは、ヴィッツから名前が変わり、同時にボディをギュッと凝縮してかなり走りにこだわったクルマ作りをしてきた新型ヤリスのなかでも、さらにモータースポーツ寄りの技術が詰め込まれた、トヨタGRヤリスです。1.5リッター直3エンジン+CVTと、1.6リッター直3インタークーラーターボ+6速MTがあり、後者にはスポーツ4WDシステム「GT-FOUR」を搭載。これはまさに、トヨタが世界最高峰のラリー競技、WRC参戦を目指して作り込んだ走りの持ち主。

 外観もちょっとヤンチャな印象にはなり、後席も決して広くはないですが、一応4人乗り。ラゲッジは4人乗車時で141リットルの容量なので、買い物や1~2泊の旅行くらいなら荷物も積めるでしょう。いざとなれば後席は6:4分割で倒せるので、大きな荷物も大丈夫です。

【関連記事】見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

トヨタGRヤリスのフロントスタイリング画像はこちら

2)スバルWRX S4

 次は、ラリーといえばWRCで大活躍していたモデルの後継となるスバルWRX S4。伝統のEJ20型エンジンは残念ながら生産終了してしまいましたが、現時点でスバル最強となる2リッター直噴ターボエンジン搭載のSTIスポーツでも、十分にパワフルで走りが楽しめます。セダンなのでしっかり5人乗りだし、ラゲッジも広大。CVTだから奥様や子供とシェアして運転も可能だし、先進の安全運転支援技術「アイサイト」も付いているので、安心感も高い走り系モデルです。

スバルWRX S4の走り画像はこちら

3)スズキ・スイフトスポーツ

 続いて、ヤリスが登場するまでは、コンパクトカーの走り系モデルの代名詞的存在といえば、スズキ・スイフトスポーツでした。ヘタに複雑な制御で運転が上手くなったように感じさせるクルマも増えているなか、スイフトスポーツはピュアな操作感、軽量高剛性ボディゆえのキビキビとした挙動が大きな魅力。欧州で鍛えただけあって、ガッシリとした安定感も抜群です。後席もヤリスよりはやや余裕があり、ラゲッジも実用的。201万円~というお手頃価格なので、コスパの点でも家族の了承を得やすいかもしれないですね。

スズキ・スイフトスポーツの走り画像はこちら

名前:
まるも亜希子
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ
趣味:
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人:
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット

画像ギャラリー


新着情報