まさに弾丸のような走り! 90年代に若者を熱狂させたABCトリオ以外の「バカっ速中古軽自動車」3選 (1/2ページ)

まさに弾丸のような走り! 90年代に若者を熱狂させたABCトリオ以外の「バカっ速中古軽自動車」3選

日本独自の進化を遂げてきた走りのホットな軽モデル!

 日本独自の規格である軽自動車。そのため、当然ながら日本人の使い方に特化したモデルが数多く生まれてきた(一部車種は排気量の大きなエンジンを搭載し海外でも販売されていたが)。現在ではスライドドアを備え、縦方向に室内空間を拡大したスーパーハイト軽ワゴンが人気の中心となっているが、90年代には走りがホットなモデルも多く存在していたのだ。

 そこで今回は90年代に存在した、マツダAZ-1、ホンダ・ビート、スズキ・カプチーノのABCトリオ以外の走り系軽自動車をいくつかご紹介したい。

1)スズキ・アルトワークス(1994~98年)

 87年に登場した初代モデルが64馬力を発生したことで、現在まで続く軽自動車の馬力自主規制のきっかけとなったという話はあまりにも有名なアルトワークス。90年代の軽ホットモデルをけん引した同車は、3代目のワークスRでそのピークを迎えたといえる。

90年代の走り系軽自動車

 DOHCターボエンジンを搭載したRS/Zをベースに、モータースポーツで勝つことを目標に誕生したワークスRは、鍛造ピストン、ハイカム、ビックスロットル、大容量インジェクター、専用ECU、専用タービン、クロスミッション、LSD、強化センターデフなどを標準で装備した本気のマシン。そのキャラクターから、現存車は極端に少ないのだ。

画像ギャラリー