じつに8割を超える! 日本車が圧倒的なシェアを誇るニッポンの特殊な市場 (1/2ページ)

じつに8割を超える! 日本車が圧倒的なシェアを誇るニッポンの特殊な市場

この記事をまとめると

■日本で売れているクルマの8割強が国産車

■海外に目を向けると極めて特殊な状況といえる

■日本車が国内で圧倒的なシェアを誇る理由に迫る

国産車が全体の8割強を占める

 ふた昔前までは、外車(がいしゃ)。最近は、輸入車といった表現があるように、海外メーカーのクルマは、日本ではまだまだ少数派というイメージがある。

 実際の割合では、国産車が全体の8割強を占めている状況だ。

 なにせ、日本には大手の自動車メーカーが目白押し。もっともシェアが大きいトヨタが乗用車市場の半数近くを占め、ホンダ、日産、スズキ、マツダ、ダイハツ、スバル、三菱と乗用車メーカーだけ8社もあるのだ。

【関連記事】「安い」「壊れない」は当たり前! それだけじゃない日本車が「世界のアチコチ」で人気な理由

国産車のイメージ(トヨタ・ヤリス)画像はこちら

 海外に目を向けると、アメリカは、リーマンショック前まではビック3と呼ばれ、最近ではデトロイト3と呼ばれるGM(ゼネラルモーターズ)、フォード、そして欧米連合体であるステランティスがある。ブランドでも、シボレー、キャデラック、リンカーン、クライスラー、ダッジなどアメ車の枠組みでは日本国内での日本メーカー数を越えるほど、多彩なブランドラインアップである。

アメリカ車のイメージ(シボレー・コルベット)画像はこちら

 ところが、アメリカ市場でのシェアを見ると、日本メーカー各社が全体の4割近くを占めており、残りをデトロイト3と、メルセデス・ベンツ、BMW、VW/アウディのジャーマン3や韓国ヒョンデ/キア、そしてテスラで分け合っている状況だ。

 つまり、アメリカではアメ車の存在感は”ほどほど”であり、日本での日本車主体という市場環境とは大きく違うといえる。

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)

画像ギャラリー


新着情報