記念モデル1000台があっという間に完売! 大人気コペンの継続を危うくする法規制という壁 (1/2ページ)

記念モデル1000台があっという間に完売! 大人気コペンの継続を危うくする法規制という壁

この記事をまとめると

■ダイハツ・コペンが20周年記念特別仕様車を発表

■コペンが現時点で唯一の軽オープン2シーターモデルとなった

■ダイハツは今後もコペンを作り続けていけるのだろうか?

20周年記念特別仕様車は1週間足らずで完売

 現時点では唯一となった軽自動車のオープン2シーターモデルであるダイハツ・コペン(とOEMモデルのトヨタ コペンGR SPORT)。

 現在は2世代目が絶賛発売中となっており、先日6月19日は初代モデル登場から20周年のメモリアルデーであり、それを記念して発表された20周年記念特別仕様車は発表から1週間たたずに1000台が完売となる人気ぶりとなった。

 そんなコペン20周年記念特別仕様車の発表の席で、ダイハツの経営陣&開発陣はコペンの継続生産を高らかに宣言。コペン自体がダイハツを代表するアイコンであることや、すでに数多くのファンを抱えているだけでなく、潜在的なユーザーも少なくないことから、これらのユーザーを安心させる意味もあったのだろう。

【関連記事】レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

ダイハツ・コペンのリヤスタイリング画像はこちら

 とくに今年3月には同じく軽のオープン2シータースポーツであるホンダS660が惜しまれつつも終売となったことも影響したのかもしれない。

 とはいえ、実際に今後もコペンを作り続けるには超えなければいけないハードルが存在する。それが法規制である。

 たとえば、すでに2021年11月から国産車の新型車には適応となっている“衝突被害軽減ブレーキ”の装着義務化。それ以前に販売が開始されている継続生産車は今のところ対象外となっているが、猶予期間は2025年12月までとなっており、それ以降は継続生産車であっても対象となるワケなのだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報