軽EVが絶好調!! 大企業同士のタッグがここまで上手くいくとは見事! 日産と三菱の提携が改めて凄かった (2/2ページ)

日産と三菱がこれから生み出す新たなクルマにも超期待!

 軽自動車は日本の乗用車市場の約4割を占めるため、日産にとっても三菱にとっても継続的に軽自動車を企画・開発・生産していく必要があるが、軽自動車は車両価格が低く、そのため実質的な利益が少ないクルマであるため、日産と三菱の2社による車体や部品の共有化や共同購買によるコスト削減などが重要だ。いわゆる「規模の経済」の重要性が高いビジネス領域なのだ。

【関連記事】ゴーン容疑者の功罪! カルロス・ゴーン氏がいなければ誕生しなかったであろう日産車5選

日産デイズと三菱eKワゴンのオフライン式画像はこちら

 そうした点に着目して設立されたNMKVは、サクラとeKクロスEVの商品としての出来栄えの良さと、それを高く評価したユーザーによる受注好調は、日産と三菱の双方にとってまさにWin-Winの関係が築けていると言えるだろう。

 また、軽自動車のみならず、乗用車セグメント全体としては、日産、三菱、そしてルノーによるグローバルでのアライアンスの効果が着実に現れている。

ルノー・日産・三菱によるアライアンスのイメージ画像はこちら

 3社は2020年5月27日、「競争力と収益性を高める新たなるアライアンス」の取り組みについて発表している。ここでの重要なキーワードは「リーダーとフォロワー」だ。各社それぞれが得意で世界をリードしうる技術、または販売実績がすでに高い国や地域を明確化するという事業戦略だ。

 その中で、日産はEVやe-POWER、高度運転支援システム、コネクティビティなどのインテリジェント領域の技術や、北米と中国での事業でのリーダーとして位置付けた。また、三菱はプラグインハイブリッド技術や、東南アジアなど経済新興国での事業でリーダーである。

 こうしたグローバルでのアライアンスの中で、日本でのNMKVの存在意義がさらに高まったと言えるだろう。今後も日本で、日産と三菱による協業で生まれる魅力的なクルマの登場を期待したい。

名前:
桃田健史
肩書き:
-
現在の愛車:
トヨタ・ハイエースキャンパーアルトピア―ノ等
趣味:
動物たちとのふれあい
好きな有名人:
聖徳太子(多くの人の声を同時にしっかり聞くという伝説があるので)

画像ギャラリー


新着情報