続々と「こんなの見たことない」クルマが登場する! 韓国の「ヒョンデ」が圧倒的デザインセンスを実現できた秘密 (1/2ページ)

続々と「こんなの見たことない」クルマが登場する! 韓国の「ヒョンデ」が圧倒的デザインセンスを実現できた秘密

この記事をまとめると

■近年、ヒョンデの先進的なデザインが話題

■2022年7月にワールドプレミアされた「アイオニック6」も注目を集めている

■躍進の理由は欧州の著名デザイナーの積極的なヘッドハンティングなどにある

積極的なヘッドハンティングで現状を打開

 近年、先進的なデザインが話題のヒョンデですが、7月にワールドプレミアされた「アイオニック6」では、空力を追求した超流線型のセダンスタイルがまたもや注目の的になっています。こうした戦略的な展開を行うヒョンデ・デザインの秘密は一体どこにあるのでしょう?

 今年、12年ぶりに日本市場へ再参入したヒョンデですが、用意された2モデルのうち、とりわけ「アイオニック5」の個性的なデザインが大きな話題となりました。シルエットこそハッチバックの王道的な表現ながら、三角形をモチーフにした面構成はじつに先進的で、恐らくは多くのメーカーにインパクトを与えたのではないでしょうか。

【関連記事】「お…怒ってます?」 夢に出てきそうな「オラ顔」を超えた「最怖顔」国産車5選

ヒョンデ・アイオニック5のフロントスタイリング画像はこちら

 こうした近年のヒョンデ・デザインの躍進は、欧州の著名デザイナーの積極的なヘッドハンティングに大きな理由があるようです。それは、2006年にフォルクスワーゲングループでアウディなどを手掛けたペーター・シュライヤーを、グループであるキアのデザイン統括として迎え入れたことに始まります。

 アウディでは初代「TT」や「A2」、フォルクスワーゲンでは「ニュー・ビートル」といった先進的かつ個性的なモデルを送り出した氏は、没個性的だったキア車に独自性を与えるべく、着任早々にまったく新しい「タイガーノーズ」グリルを提示します。「これってBMWのキドニーグリル?」と思わせる形状は、それでも以降のキア車に個性を与えたのです。

キア STINGER GTのフロントスタイリング画像はこちら

 その後、2013年にはヒョンデのデザインも統括、グループ全体のデザイン顧問となります。役員となった氏は、2016年に同じくフォルクスワーゲングループでランボルギーニなどを歴任したルク・ドンカーヴォルケと、同じくベントレーなどを手掛けたイ・サンヨプを招聘しました。

 ドンカーヴォルケは、ヒョンデと同ブランドの高級ブランドである「ジェネシス」のデザインを指揮しますが、2018年にはシュライヤーの後任としてヒョンデグループのチーフに就任、キアを加えた3ブランドを統括することとなりました。

ヒョンデ・コナの走り画像はこちら

 こうした盤石の体制により、北米カー・オブ・ザ・イヤーのSUV部門賞を受賞した小型クロスオーバーSUVの「コナ」を始め、新世代ヒョンデのデザインフィロソフィ「Sensuous Sportiness」を反映させたスタイリッシュセダンの7代目「エラントラ」、同じくBセグメントの3代目「i20」など、じつに魅力的なスタイリングの新型車を送り出しているのです。

画像ギャラリー


新着情報