日本史上最高の1台! ホンモノのスーパースポーツ「レクサスLFA」はトヨタの究極作品だった (1/2ページ)

日本史上最高の1台! ホンモノのスーパースポーツ「レクサスLFA」はトヨタの究極作品だった

この記事をまとめると

■日本のスーパースポーツとして2009年に発表されたのがレクサスLFAだ

■560馬力を発する4.8リッターV10エンジンはコンセプトどおり世界に十分に通用する性能だった

■V10エンジンが奏でる官能的なサウンドや快適な乗り心地を持つレクサスの究極作だった

最高出力500馬力超で最高速度320km/hを可能とするFRクーペ

 日本からも世界に通用する、いや世界の頂点を目指すスーパースポーツをデビューさせたい。そんな意気込みとともに、レクサスブランドのもとで「LFA」の開発プロジェクトがスタートしたのは2001年のことだったと言われている。2003年には最初のプロトタイプが完成。ドイツのニュルブルクリンクにおいて走行テストも実施されたが、それはまだプログラムの始まりに過ぎなかった。

 2005年、「LF-A」の車名でそのプロトタイプが、デトロイトショーで初公開。5リッター以下の(実際には4.8リッターが設定されている)V型10気筒エンジンをフロントミッドシップに搭載。ミッションはデファレンシャルとともにリヤにレイアウトされるトランスアクスル方式を採用し、駆動方式はもちろんRWDとすることなどが、この段階で明らかにされた。最高出力は500馬力以上を発揮し、最高速は320km/h以上を可能にすることもまた、この2005年時点で発表されたデータだった。

【関連記事】トヨタ2000GTやレクサスLFAも! 巨人トヨタがクルマの心臓「エンジン」をヤマハに開発させるワケ

2005年の東京モーターショーで展示されたレクサスLF-A画像はこちら

 ちなみに車名のLF-Aとは、「Lexus Future Advance」の頭文字であり、それはレクサスブランドの頂点に位置する、時代を先行したスーパースポーツであることを意味していた。

 デトロイトショーでファーストプロトタイプを公開したあとも、その開発はまだまだ続いた。さらなる軽量化を目的に、シャシーやボディパネル、ボディ骨格などにはカーボン素材が使用されることは、かなり早い段階で決定していたものの、重量配分を適正化するためにラジエータをリヤマウントするなど、その改良と熟成はさらに進められていったのである。これは中途半端なスーパースポーツならば世に送り出す必要はないという、レクサスの固い信念が表れた結果だったのだろう。

 ちなみにLF-Aの商品化が正式にレクサス(トヨタ)によって認められたのは、2007年を迎えてからのことだと言われている。その2007年のデトロイトショー、レクサスのブースには、プレミアムスポーツシリーズの「F」シリーズが一堂にディスプレイされていた。改良型のLF-Aコンセプトはもちろんこのブースでの主役で、レクサスはここでより詳細なLF-Aコンセプトのスペックを公開している。また、翌2008年の同ショーでは、オープン仕様の「LF-Aロードスター」を発表。そして2009年の東京モーターショーにおいて、それまでの車名からハイフンが除かれた、生産型の「LFA」が発表されたのである。

レクサスLFAのフロントスタイリング画像はこちら

 LFAの名が示すのは、「Lexus F Sports Apex」。すなわち、レクサスのFシリーズで頂点に位置するモデルの意である。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報