一部改良と同時に人気の特別仕様車第2弾が登場! ホンダ N-ONEに「N STYLE+」を設定

一部改良と同時に人気の特別仕様車第2弾が登場! ホンダ N-ONEに「N STYLE+」を設定

この記事をまとめると

■ホンダ N-ONEがマイナーチェンジを敢行し、同時に特別仕様車を設定

■特別仕様車は都会的でありつつも落ち着いた雰囲気を引き立てたモデルとなっている

■通常モデルはパーツの小変更などを実施し素性の良さをブラッシュアップした

まんまるおめめが可愛い軽自動車に特別仕様車を設定!

 ホンダのNシリーズはいまや日本を代表する軽自動車の一大ブランドだ。軽自動車の販売台数では長年No.1の座に居続ける軽自動車王者「N-BOX」や、使いやすい機能や広い車内空間が人気な「N-WGN」、ビジネスやアウトドアなど積載力が求められるシーンで大活躍な「N-VAN」と、多彩なラインアップとなっている。そんなNシリーズのなかでも、日常生活の「相棒」としてドライブなどを楽しむことを主眼に置いたモデルが今回紹介する「N-ONE」だ。

【関連記事】【試乗】6速MTモデルもある! 乗ればわかる新型N-ONEの軽自動車らしからぬ上質さ

N-ONE画像はこちら

 同モデルは、ホンダの軽自動車の原点とも言える「N360(通称:Nコロ)」をモチーフにした愛くるしい見た目が特徴的なモデルで、コンセプト通り「相棒」や「道具」として愛着を持って所有しているユーザーが多いのが特徴だ。また、この「N-ONE」を使った本格的なワンメイクレースも開催されており、低コストで参戦できることから大人気となっているのもトピック。クルマの基本である「運転の楽しさ」「操る喜び」を具現化したモデルという、軽自動車という枠のなかでは少し特殊な1台でもあるのだ。なお、2020年11月に現在販売されている2代目へフルモデルチェンジしており、先代とあまり姿をあえて変えないキープコンセプトだったことも話題になった。

 そんな「N-ONE」に今回特別仕様車が設定されたので紹介したい。

今回、同車に設定された「N STYLE+」シリーズは、N-BOXに当初設定された特別仕様車となっており、ほかの人とはひと味違う個性あるデザインを求めるユーザーのニーズに応えることを目指して、さまざまな「N」の世界観を提案するブランドというのがテーマとなっている。

NSTYLE+ロゴ画像はこちら

今回はそのシリーズ第2弾となっており、N-ONEには”URBAN”というコンセプトが設定された。これは、都会的で洗練されたシックなデザインを追求した仕立てとなっており、エクステリアには、高級感のあるクロームメッキの加飾を施したフロントグリルや、ブラックで引き締めたライセンスガーニッシュとサイドモールを、インテリアにはウッド調のインパネガーニッシュや、落ち着いた配色のシートとフロントドアアームレストを採用しているのが特徴だ。

N-ONE STYLY+画像はこちら

なお、運転席・助手席にはシートヒーターを備え、より快適で心地よい仕立てとなっている。

通常ラインアップモデルも一部改良が入っており、Premiumではフォグライトガーニッシュモールやヘッドライトなどの加飾部分を、RSではステアリングやシフトレバー周辺のカラーリングを、それぞれ落ち着いたダーク調とし、より上質なデザインとしている。また、ボディ色にはN-ONEとして新色を4色採用し、クルマ選びの楽しさも同時に底上げしている。

N-ONE RSシフトノブ画像はこちら

 価格は「STYLE+ URBAN」が167万9700〜181万2800円、通常モデルは159万9400〜202万2900円となる。

 走りなどのパフォーマンスにこだわりたいユーザーから、日常や通勤の足としての相棒を探しているユーザーにはピッタリな1台となっているので、軽自動車の購入を検討していたユーザーは候補に入れてみてはいかがだろうか。

画像ギャラリー


新着情報