軽油は圧倒的に安い! 補助金だって出ちゃう! EV時代だけど「ディーゼルエンジン」にもの凄く魅力を感じるクルマ4選 (1/2ページ)

軽油は圧倒的に安い! 補助金だって出ちゃう! EV時代だけど「ディーゼルエンジン」にもの凄く魅力を感じるクルマ4選

この記事をまとめると

■いまオススメなディーゼルエンジン搭載車をピックアップ

■クリーンディーゼル車は補助金対象にもなっているのが見逃せないポイント

■燃費やパフォーマンスを考えるとディーゼルの方がお得なケースが多い

燃費と環境性能が両立された最新のディーゼル車は「買い」だ

 さまざまな報道を見ていると、もはや未来の自動車は排ガスを出さないゼロエミッションの電動化以外に選択肢がないように思えてくる。最近では、パキスタンに大洪水をもたらした山津波(氷河決壊)の原因として地球温暖化が指摘されるなど、CO2排出削減待ったなしといったムードもますます高まっているようだ。

 とはいえ、内燃機関がCO2削減に対して寄与できる可能性がまったくないというわけではない。最新の、令和4年度CEV(クリーンエネルギー自動車)補助金の対象をみても、電気自動車やプラグインハイブリッド車と並んで、クリーンディーゼル車も補助金の対象となっているほどだ。

 その中でも、最新モデルとして注目したいのがマツダCX-60といえる。

 ご存じのように、完全に新しいエンジン縦置きFRプラットフォームを採用したマツダの完全に新しいモデルがCX-60だ。海外仕様にはガソリンの直列6気筒エンジンも設定されるようだが、日本仕様ではディーゼルのみ直列6気筒(3.3リッター)となっていて、ガソリンは4気筒となってしまう。

【関連記事】強大なトルクの「グイグイ感」はほかじゃ味わえない! 歴史に残る「ディーゼルエンジン」の名機3選

CX-60画像はこちら

 この点だけでもCX-60を買うならばディーゼルを選ぶべき理由となる。さらにディーゼルには純粋なエンジンだけのパワートレインとマイルドハイブリッドというふたつの仕様が用意されている。いずれもCEV補助金の対象となるクリーンディーゼル車で、環境性能割は非課税で、重量税が免税になるのも共通だ。つまり、純エンジン車であっても十分に環境を意識しているといえるのだ。

 そうであれば、よりリーズナブルな価格でディーゼルエンジンを味わえるハイブリッドではないディーゼルエンジン搭載車を積極的に選びたい。なにしろディーゼルハイブリッド・グレードのスターティングプライスが505万4500円なのに対して、非ハイブリッドのディーゼル車であれば358万500円から狙うことができる。さらにいえば、CX-60のディーゼルハイブリッドは4WDだけの設定だが、純粋なディーゼル車のほうであればFRを選ぶことができるのも魅力だ。

CX-60エンジン画像はこちら

 ちなみに、CX-60を購入した場合に貰うことのできるCEV補助金の金額は1万5000円と、電気自動車が最大85万円になっているのと比べると微々たるものだが、ディーゼルであっても排ガスがクリーンで、燃費性能も基準を超えていれば、クリーンエネルギー自動車と認められるという事実は、ディーゼルファン、内燃機関マニアには十分心強いといえるだろう。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報