ハリウッドの映画監督がスーパーカーを作った! ル・マンでも活躍中の「SCG003」のバカっ速っぷりが想像を絶する (1/2ページ)

ハリウッドの映画監督がスーパーカーを作った! ル・マンでも活躍中の「SCG003」のバカっ速っぷりが想像を絶する

この記事をまとめると

■ハリウッドの元映画監督が「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスLLC」を設立

■モータースポーツ活動をするなか2015年には初の市販車として「SCG003」を発表

■ロードモデル、サーキット走行用モデル、レースカーの3つのバリエーションを用意する

映画監督からスーパーカーメーカーの創業者に転身

「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスLLC」。彼らの名前、そしてそのイニシャルであるSCGの名は、ここ数年モータースポーツの場のみならず、ハイパーカーの世界でも頻繁に耳にするようになった。同社を率いるジェームス・グリッケンハウス氏は、かつてはハリウッドで多くの映画の監督、脚本を担当するなど自動車の世界とは無縁の人物だったが、2004年には新たにこのSCGを設立。ハイパーカーやそれをベースとした、レーシングカーの製作をスタートさせている。

【関連記事】映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスLLC」社の創業者キャメロン・グリッケンハウス氏画像はこちら

 筆者が氏と初めて会ったのは2006年9月、エンツォ・フェラーリをベースに、ピニンファリーナへと製作を依頼したワンオフモデル、「P4/5ピニンファリーナ」の取材でフランスのパリ郊外にあるモルトフォンテーン自動車研究センター(CERAM)を訪れたときのことだった。

 この年のペブルビーチ・コンクールデレガンスでワールドプレミアを果たし、その後9月のパリ・サロンに出品されることが決定していたP4/5ピニンファリーナ。そのわずかな期間に、特別にその取材を許可してくれるというのだ。パリに来るかの誘いに、イエス以外の答えはなかった。

フェラーリP4/5ピニンファリーナのサイドビュー画像はこちら

 このP4/5は、グリッケンハウス氏が所有するフェラーリ412Pのイメージをもとに、現代の最新技術を用いて製作されたものだったが、ここからSCGの本格的なハイパーカー作りはスタートする。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報