絶対手を出しちゃダメ! 闇が深すぎる「金融車」とは (1/2ページ)

絶対手を出しちゃダメ! 闇が深すぎる「金融車」とは

この記事をまとめると

■金融車はローンが未完済の状態で売買されているクルマ

■ほとんどの場合、名義変更ができない

■現在では流通しにくくなっている

どう考えても手を出すべき商品ではない!

 いわゆる金融車といわれるクルマは、個人や会社などがローンでクルマを買ったものの、支払いできずに人手に渡ってしまったものです。昔で言うところの「質流れ品」といっても、若い方には通じないかもしれませんね。

 ご承知のとおり、ローン返済中はクルマの所有権はローン会社にあり、クルマを買った本人は使用者という立場になります。なので、返済が滞った場合はローン会社がクルマを「剥がす」つまり、差し押さえ、引き取るのが通常のプロトコル。ですが、剥がされる前に使用者が「勝手に」クルマを売り払ってしまうケースも少なくありません。だって、ローンで首がまわらなくなっているのですから、「多少なりとも現金が手に入るなら!」という窮鼠猫を嚙むの例えどおり、無茶をしでかすわけです。

【関連記事】「闇」「飛ばし」「金融」! 自動車業界で聞く「怪しい用語」5つの意味とは

お金画像はこちら

 この無茶をちゃっかりビジネスにしているのが「クルマでお金貸します」なんて広告を出している金融業者だったりします。なにしろ、ローン中だろうが、差し押さえられそうなクルマだろうが、ハードそのものには価値があるわけで、業者はメルセデスだろうがレクサスだろうが、はたまた走行少なかろうがコーティングしてようが「足もとを見て」安く買い取るのです。ウシジマくんでなくたって、バンバン叩いて安く買う。

 こうして買い取られたクルマが金融車と呼ばれるわけですが、所有者が売ったわけではないので、たいていの場合、名義変更ができません。すると、納税もできないので、継続車検の取りようがありません。さらには、各種保険すら入れないわけですから、どう考えても手を出すべき商品ではありません。

自動車保険画像はこちら

 が、金融車は安い! だいたい中古相場の半額は当たり前で、車検の残りが1年以内だとしたらさらに半額、つまり相場価格の25%ほどで手に入るケースもあるのです。当たり前ですよね、期間限定でしか乗れないわけですから。また、たちの悪い業者ならセールストークとして「駐車違反だって、(速度違反で)オービス撮られたって、前の持ち主に通知いっちゃいますから安心ですよねー」かなんかほざくわけですよ。すると、不埒なヤカラや、社会の仕組みにボンヤリしてる方なんかがうっかり手を出してしまうわけですね。

 しかも、金融車というのはわりかし高級で、かつ人気のあるクルマが少なくありません。なぜなら、個人、法人問わず、ローンで破綻するような方々はメルセデスSクラスやレクサスの上のほうなんかを買いがち、だからではないでしょうか。

画像ギャラリー


新着情報