キレイに見えたのに……中古車購入時に「ハズレ」を引いて泣かないために見るべきポイント4つ (1/2ページ)

キレイに見えたのに……中古車購入時に「ハズレ」を引いて泣かないために見るべきポイント4つ

車両の状態を詳しく知ることが重要!

 新車とは異なり、以前のオーナーの使い方によって同じ年式同じ走行距離でも程度が大きく異なってきてしまう中古車。それだけに中古車選びというのはなかなか難しいところだが、いくつかポイントを押さえておけばハズレをつかむ確率を下げることは可能なのだ。今回はそんなハズレをつかまないためにチェックしたいポイントをお伝えしたい。

1)記録簿をチェックしよう

 狙っている中古車がその店舗で定期的にメンテナンスを受けてきた個体ならいいが、業者オークションなどで仕入れた個体であった場合、過去のオーナーの整備状況を知るためには記録簿をチェックすることしかない。

【関連記事】【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

中古車購入画像はこちら

 記録簿には法定点検時や車検時になどにチェックした項目や交換された部品が記入されているため、どの部品をいつ換えたか把握することができる。念入りに整備された個体であれば、消耗品は定期的に交換された履歴が残っているだろうし、安さを重視して格安車検などを利用していれば最低限の部品交換しかされていないということもわかるはずだ。

2)エンジンルームをチェックしよう

 エンジンルームもクルマの状態を知る上では大切なポイント。最近のモデルのようにほとんどがカバーされているようなものではちょっと難しいが、一昔前のシンプルなものであれば、オイル漏れのあとなどを目視でチェックすることができる。

中古車購入画像はこちら

 しかし、なかにはエンジンルームまでしっかり綺麗に仕上げている中古車店も存在するが、これはただ単に念入りなクリーニングをしている場合もあれば、オイル漏れなどをごまかすために一旦洗浄しただけ、という場合もある。そのため、距離年式相応に汚れていてオイル漏れなどのあとがなければ現状は問題ないと判断できるだろう。

画像ギャラリー