トヨタが2020年発売の「超小型EV」を展示! 一充電で100kmの走行が可能【東京モーターショー2019】

トヨタが2020年発売の「超小型EV」を展示! 一充電で100kmの走行が可能【東京モーターショー2019】

多くの人にとっての乗りやすさを考えて開発された

 トヨタは2019年10月24日(木)から11月4日(月・祝)まで、東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催される「FUTURE EXPO」に「超小型EV」を出展する。2020年冬頃の発売を予定している。

 このクルマは免許取り立ての方や高齢の方などが日常の近距離移動をすることを想定して開発された。小回りが利き、一充電で約100kmの走行が可能であることが強みだ。法人の方が巡回訪問するような用途も想定している。

トヨタ 超小型EV

 開発責任者の谷中壮弘さんによると、このクルマは床下に電池、リヤにモーターを積み、リヤタイヤを駆動させるとのこと。タイヤサイズは155/70R13だ。空調についてもクーラー、シートヒーターを備える。小型ながらシートの後ろには荷物を積むスペースも用意。

 またインパネ中央にはナビゲーションではなくメーターが配置される。これについては2Dのナビゲーションを置くのではなく、スマートフォンやタブレットをつなぐといった考えだそうだ。

 またトヨタが2019年6月7日に発表した「超小型EVビジネス向けコンセプトモデル」も「FUTURE EXPO」に出展される。さらに「歩行領域EV(立ち乗り/座り乗り/車いす連結タイプ)」、「TOYOTA i-ROAD」については有明エリアと青海エリアを結ぶシンボルロード「OPEN ROAD」で試乗が可能だ。

トヨタ 超小型EV

画像ギャラリー