振り返れば衝撃作だらけ! 46回に及ぶ東京モーターショーの歴史的瞬間をプレイバック (1/2ページ)

振り返れば衝撃作だらけ! 46回に及ぶ東京モーターショーの歴史的瞬間をプレイバック

この記事をまとめると

■東京モーターショーは歴史あるイベント

■衝撃的な新型車、ショーカー、プロトタイプが登場することもしばしば

■今回は東京モーターショーの歴史的瞬間を振り返る

数多くの名車が東京モーターショーでデビュー!

 日本における自動車ファンの聖地、それが東京モーターショー(TMS)だ。東京モーターショーは国際モーターショーのひとつであり、第一回は1954年に開催。当時は「全日本自動車ショウ」という名称で、東京の日比谷公園内で開催された。来場者数は54万人越えであった。その後、東京の後楽園、晴海の東京国際見本市会場、幕張メッセと場所を移し、第42回の2011年から現在の東京ビッグサイトで開催されている。

 そんな東京モーターショーは、衝撃的ともいえる新型車、ショーカー、プロトタイプのデビューが飾られた場所でもある(近年は東京オートサロンで初披露されるクルマもあるが……)。たとえば、古くは1958年第5回のスバル360、1961年の第8回のトヨタ・パブリカスポーツ、1964年第11回のマツダ・コスモスポーツ、そして歴史的な1台であり、今でもその伝統が語り継がれ、1967年公開の映画「007は二度死ぬ」でボンドカーとして採用されたトヨタ2000GTは1965年第12回の東京モーターショーに初出展。

【関連記事】なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

東京モーターショーに展示されたトヨタ2000GT画像はこちら

 まさに衝撃のデビューであり、翌1966年第13回東京モーターショーではオープンモデルの2000GTも披露され、じつは子供のころの筆者も親に連れられ、大行列の末、眺めることができ、以来、夢に出てくるほど憧れた「カッコ良すぎる」スポーツカーだった。同年には、のちに筆者の初めての愛車となったいすゞ117クーペも出展されていた。

東京モーターショーに展示されたいすゞ117クーペ画像はこちら

 東京モーターショーでは日産GT-Rの人気がすごいが、そのスタートは1968年第15回に披露された日産スカイラインGTのプロトタイプだ。当時の自動車ファン、自動車専門誌にとって衝撃のデビューであり、のちにスカイラインGT-Rとして発売されることになる。

画像ギャラリー


新着情報