新型車登場に合わせて「旧型の中古」を買おうと思ったのに価格が下がらない! 最近の人気車の「中古価格の謎」を探った (1/2ページ)

この記事をまとめると

■中古車の価格は個々の車両の状態以外に車種の人気度で変わる

■年式の高い中古車を安く購入するならフルモデルチェンジしたあとの先代モデルがおすすめ

■ところが納期が長いモデルになると下取り車も出まわらないので中古車価格も落ちにくい

中古車の価格は需要と供給で決まる

 新車の価格は、同じ車種の同じグレードであれば共通だが、中古車は車両によって価格が変わる。中古車は個々の状態が異なり、なおかつ中古車市場の人気にも左右されるからだ。人気が高ければ価格も上昇し、人気が下がれば安くなる。

 人気度を正確に表現すれば、中古車の需要と流通台数のバランスだ。中古車需要の割に流通台数が少なければ価格が高まり、流通台数が増えると価格は下がる。

 そして、既存の車種がフルモデルチェンジを行って新型になると、それまで現行型として売られていた中古車は先代型に変わる。つまり、旧型だから魅力が下がって中古車価格も安くなる。

 また、フルモデルチェンジを行った新型車が好調に売られると、下取りされた先代型が、中古車市場に多く流通する。中古車の流通台数が、需要の割に増えるために価格が下がる。

 つまり、既存の車種がフルモデルチェンジを行うと、魅力の低下と需給バランスの変化というふたつの理由により、市場に出まわっていた車両の中古車価格は下がる。したがって比較的年式の高い中古車を安く買いたいときは、そうしたモデルを狙うと良い。

 ただし、中古車を購入したあと、短期間で売却する場合は、先代モデルとなるため売却額も安くなる。もともと流通価値の下がった中古車を買っているからだ。その一方で中古車を長く使うなら、フルモデルチェンジ前に買っても売却額が安くなるから、気にする必要はない。


新着情報