「国沢光宏」の記事一覧 - 3ページ目

【スバル360でアメリカ4000kmを激走】国沢光宏のグレートレース参戦記その1

本番前にトラブル発生も原因が判明し出走準備は整った! 日産リーフで全日本ラリー、トヨタ・ミライ(MIRAI)でドイツWRC、CVTのスバルWRX S4でタイラリーと、普通のマシンではモータースポーツに参戦しない!? 自動...

続きを読む...

スマートキーが狙われる! 新たなクルマの盗難方法「リレーアタック」に注意

スマートキーの微弱な電波を増幅・中継してクルマを盗難する  日経新聞にスマートキーの窃盗方法である『リレーアタック』の記事が出た。この方法を使うと強固な盗難防止システムを持つ最新型車でもドアロックは瞬時に空き、プッシュボ…

続きを読む...

【EVレース2017】第2戦も開幕戦に続き国沢光宏選手が連勝!

スタートから猛然と逃げてそのまま優勝  開幕戦で、国沢光宏選手がテスラModel Sで初総合優勝を決めた全日本電気自動車レースシリーズ(JEVRAシリーズ)。2017年4月30日に、早くもシーズン第2戦が行われた。 第2...

続きを読む...

【ムービー】新型スズキ・スイフトvsライバル勢! コンパクトクラスを徹底比較

ワインディングでの走りを中心に後席の広さまで徹底チェック!  新登場のスズキ・スイフト。売れ線のコンパクトクラスだけに、気になるのはライバルに対するアドバンテージだ。今回はスイフト ハイブリッドRSとターボのスイフトRS...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】ケンメリの価値は10億円!? 希少なクルマが大集結!

ヘリテージカーコーナーを見るためにだけ来場してもいいほどのラインアップ  CARトップのブースに展示されている車両ときたら超豪華である! オートメッセには多数の貴重かつ高価なクルマが出展されているけれど、おそらく1番はケ...

続きを読む...

合弁会社設立会見でホンダの八郷社長が語った「世界一のモーター」とは?

ホンダと日立オートモティブがモーター開発の合弁会社を設立と発表  2月7日の15時30分に緊急記者会見が行われ「本田技研は日立オートモティブシステムズと電気自動車やハイブリッド車用のモーターを開発&生産する合弁会社を立ち...

続きを読む...

トランプ新大統領の発言に戦々恐々! 日本自動車メーカーの行方はどうなる

日本からの輸出の多いマツダ以外は問題なし  トランプ大統領が就任直後から自動車産業に注文を付け始めた。正確に表現するなら、就任前から、いわゆる「ツイッター砲」でプレッシャーを掛けている。果たして自動車産業は厳しい状況に追…

続きを読む...

【タイラリー速報】国沢光宏さんがキングスカップで総合優勝を飾る!

デイ2序盤で木に激突するも大事に至らず走りきる!  第29回タイラリー・キングスカップが終了。木に激突するというアクシデントがありながらも、見事完走。ライバルの脱落もあり、見事同大会を制覇した。国沢光宏さんにとって、2度...

続きを読む...

【タイラリー速報】SSでタイヤバーストも初日は国沢光宏さんが暫定トップ!

ライバルのトラブルもあり1位で最終日へ  タイラリー・キングスカップに参戦中の国沢光宏さん。中国ラリーに参戦する強敵のランエボなど、ライバル陣の脱落もあって1位に浮上。そのままのポジションを守って、最終日の朝を迎えた。 ...

続きを読む...

【現地速報!】国沢光宏がタイラリー・キングスカップにスバルWRX S4で挑む

アイサイト付きのCVTマシンで攻める!  開催が延期されていた、タイラリーの国王杯をかけた戦い、キングスカップが1月21日からスタート。日本からはモータージャーナリストの国沢光宏さんが、2ペダル+CVTのスバルWRX S...

続きを読む...

【試乗】唯一のディーゼルミニバン! アウトドア派最強の三菱デリカD:5

4リッター級ガソリンエンジンと同等のトルクでグイグイ加速  愛車の三菱アウトランダーPHEVを点検に出したら、代車は久し振りのデリカD:5。聞けば発売から9年経つものの、ミニバン唯一のディーゼル&本格的な性能を持つ4WD...

続きを読む...

カルロス・ゴーン氏が三菱自動車の会長就任の報道! 気になる三菱の行方とは

両メーカーともスクープに対し肯定はしないが否定もしない  日経新聞はカルロス・ゴーン氏が三菱自動車の会長になるというスクープを流した。これを受け、すでにTVを含めたメディアは一斉に紹介。もはや確定事項というイメージになっ...

続きを読む...

【緊急会見】スズキとトヨタの業務提携で何が起こるのか?

突如開かれた会見では具体的な話は一切なし  夕方、突然トヨタから「スズキとトヨタの共同記者会見を行う」という連絡が入った。「寝耳に水」のニュースである。さまざまな可能性を探るも、これといった動きなし。トヨタとスズキで出来…

続きを読む...

三菱自動車が燃費不正問題への損害賠償金額を発表!

燃料代と減税率等の変更に伴う差額から賠償金額を算定  8月30日に三菱自動車が突如会見を行いプレスリリースを出した。結論を先に書くと「現在生産・販売を行っている7車種(エンジン類別を含めると9タイプ)について、国交省から...

続きを読む...

3 / 512345

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...