「コラム」の記事一覧 - 10ページ目

驚きのプライス! 世間に衝撃を与える価格で登場した国産車7選

日本車らしからぬ高額車や驚異のバーゲンプライスなど7台をお届け  モーターショーにコンセプトカーが出品されたり、スクープ情報などが伝わってきたとき、気になるのは正式発売されるときは販売価格がいくらになるのか、ということだ.…

続きを読む...

欧州に多い円形交差点「ラウンドアバウト」は信号交差点より効率的なのか?

日本でも試験導入されたものの広まる兆しはない  信号機のない円形交差点。それがラウンドアバウトだ。欧米人の発音は、最初の「ラン」にアクセントがついて「ランナバウト」のように聞こえる。日本では一部の都市で試験的に導入したこ…

続きを読む...

今どきの静か過ぎるクルマは危険?

電動化車両の車外静粛性は見直すべきだが車内静粛性は問題ない  最近は高級車、高額車を中心に静粛性の高いクルマが増えていることもあり、「あまりにも静粛性の高いクルマは危険なのではないか?」という声を聞くこともある。  この.…

続きを読む...

「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる  最近のクルマ選びでプライオリティが高いのは、自動ブレーキなどの先進・予防安全機能だというユーザーも増えているだろうが、やはり燃費性能も気になるもの。そして好燃…

続きを読む...

マツダの言う人馬一体って何? 2日間どっぷりマツダ漬けの勉強会で真相を探る!

安全運転にもつながる走る喜びは全モデルに備わっている!  ユーザーに走る喜びを提供するマツダ。同社のクルマは“人馬一体”というキーワードのもと、人間中心に考えて作られている。今回、自動車雑誌編集部のみならず、女性誌やホビ...

続きを読む...

3代目ロードスターも今年から! 13年経過での増税は本当にエコなのか?

自動車大国を自認するにしてはあまりにお粗末な政策  5月のGWはドライブに出かけるのに最適の時期で、ドライバーにとって待ち遠しい季節。と同時、5月は自動車税を納付するタイミングでもあり、自動車ユーザー独特の5月病の原因に...

続きを読む...

到底180km/h出ないローパワーのクルマにも速度リミッターは付いているのか?

車種にもよるが付いていない車種が多い  理由が定かではない部分もあるが、ご存知のように日本車の日本仕様車には180km/hで作動するスピードリミッターが付いている。180km/hになるといきなりスピートが出なくなるわけで...

続きを読む...

ルーツはコロナ! ハイソカーブームを支えた名車「トヨタ マークII」とは

トヨタ・コロナの派生車種として登場  現在ではマークXに取って替わられているが、ルーツとなるのはマークIIだ。そもそもマークIIというのは2番目といった意味で使われるが、では何の2番目かというと、答えはコロナだ。  19...

続きを読む...

日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や女性も平気で200km/h巡航をこなす  ヨーロッパでは女性も高齢者も、平気な顔してマニュアル車に乗っている。その理由は、オートマチック車に比べて新車...

続きを読む...

世界のクルマ好きはなぜフェラーリに憧れるのか

海外はF1の影響が大きいが日本は特殊なケース  フェラーリと言えば自動車界の女王サマ。クルマに関心がない人でも、そういう認識はあるだろう。ましてやクルマ好きにとって、フェラーリは特別な存在だ。  いったいナゼなのか?  ...

続きを読む...

この先日本でMT車が絶滅に向かう理由とは

事故ゼロのためにはすべての操作系をバイワイヤ化する必要がある  今日本には、二輪やトラックメーカーを含めると、現時点で量産工場を持つ自動車メーカーは14社が存在している。まさに自動車大国といえる状況であり、モータリゼーシ...

続きを読む...

VWのMQBやトヨタのTNGAなど現在クルマのモジュール化を進める理由とは

開発の効率化はもちろん、運動性能向上にも貢献する 理由その1)パラダイムシフト  新型カムリなど、最新のトヨタ車が採用しているトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)。さまざまな車種の骨格を共通化する、モ...

続きを読む...

販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる  21世紀になって大きく変わったのがクルマ選びの基準だ。ファミリーカーは、セダンではなく使い勝手のいいミニバンやクロスオーバーSUVに取って代わられている。また、スポー...

続きを読む...