「コラム」の記事一覧 - 2ページ目

あまりに地味でフツーなのに走ると楽しすぎるクルマ3選

ハッキリ言って遅いが操る楽しさは格別 「走りが楽しい」と聞くと頭に思い浮かべがちなのはスポーツカーだろう。もちろん走行性能を第一に磨き上げて生み出された車種であるから走りが楽しいのは当然で、走りが楽しくないスポーツカーほ…

続きを読む...

わずか1年で激増! 中国タクシー車両に見る急激なEV化の波

年代物のガソリン車も混在してまさに過渡期  1年ぶりに広州モーターショー取材のために広州市を訪れると、ある変化に気が付いた。街なかを走るEVをメインとしたNEV(新エネルギー車)が、かなり目立っていたのである。1年前もE...

続きを読む...

【ニッポンの名車】その名もズバリ「火の玉BOY」!  スバル・ジャスティ

初代は「火の玉BOY」というキャッチコピーで話題に  当時を知らない今どきのユーザーからしてみれば、スバル・ジャスティと言えば、ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンクの兄弟車である、1リッターエンジンを搭載したハイト...

続きを読む...

大メーカーじゃないのにメルセデス・ベンツが世界最先端の技術を誇るワケ

世界で初めてガソリンエンジン車を作った誇りと小回りの利く規模  ダイムラー社のメルセデス・ベンツは、電動化や自動運転化へ積極的に取り組んでいる。たとえば、AMGの車両においても、最新の直列6気筒ガソリンエンジン+ISG(...

続きを読む...

なぜトヨタ新型スープラは市販車ではなくレース車両から発表したのか?

市販版は2019年1月のデトロイトショーで発表予定  2019年1月に開催されるアメリカ・デトロイトモーターショーにて市販バージョンが世界初公開される予定のトヨタ・スープラ。2018年3月には、スイス・ジュネーブモーター...

続きを読む...

ローカルな広州モーターショーにも政府の息が! 人気のハズのドイツ車ブースが閑散としていたワケ

NEV規制を前に地元系ブースへの積極取材指令が出たか  今年の広州ショーモーターショーはどこか雰囲気が違う……、11月16日のプレスデーの朝一番に会場を訪れて筆者は最初に感じた。  そもそも広州モーターショーは、世界が注...

続きを読む...

驚愕の価格高騰っぷり! 激古なのに手が出せない中古国産スポーツ車5選

限定車でもないのに新車時の2倍以上もの価格が付くクルマも  新型車として手ごろなサイズのスポーツカーがないこともあり、じわじわと価格が上がり続けている昨今。そんななかでもとくに驚愕の値上がり幅を記録しているモデルも存在し.…

続きを読む...

模様には意味があった! 開発車両が纏うカモフラージュ柄に隠された秘密とは

ボディラインを隠したりあえて目立つようにすることも  新車の速報記事で「次期〇〇を発見!」といった見出しと共に掲載される写真を見たことがある人も多いだろう。しかし、そういった写真に写った「次期〇〇」と言われる車両のほとん…

続きを読む...

怪しいパクリキャラに野外ライブ! 中国・広州モーターショーの勢いは日本も見習うところアリ

日本のアニメキャラらしき着ぐるみが会場を闊歩  11月16日から始まった広州モーターショー。16日は原則プレス関係者のみ取材のため入場できる“プレスデー”であった。とはいうものの、実際は出展者や設営業者用の入館証をどこか...

続きを読む...

新路線開通で流れがスムースになるハズの首都高でいつまでも渋滞がなくならないワケ

流れが良くなったぶん交通量が増加した  最近の首都高は、上り線よりむしろ、夕方の下り線の渋滞が激しい。渋滞の先頭は、多くが緩い上り坂。いわゆる「サグ(くぼ地の意味)」で、サグを先頭に速度が落ちたところに、入口やJCTから...

続きを読む...

マニア以外は購入厳禁!? 安くても買ってはいけない廉価グレードのクルマ3選

予算が足りないからとグレードを下げると後悔することも  ほとんどのクルマは複数のグレードが存在し、搭載エンジンが変わる場合もあれば、装備で差がつく場合もある。その分、上級グレードは価格が高く、ロアグレードは価格が安くなる…

続きを読む...

英仏では2040年にエンジン車の販売を禁止! 純粋なエンジン車にはいつ乗れなくなる?

トヨタは2050年までに対2010年比でCO2排出量を90%削減  ヨーロッパでは、フランスやイギリスの政府が2040年からエンジン車の販売を禁止すると、昨2017年に宣言した。国内でも、たとえばトヨタが2050年までに...

続きを読む...

カルロス・ゴーン会長の逮捕は日産の内部告発! ゴーン会長が抜けた穴埋めはどうなる?

カルロス・ゴーン氏の抜ける穴は大きい  驚いた! 日産のカルロス・ゴーン会長が東京地検特捜部に逮捕された。有価証券虚偽記載容疑とのこと。容疑の内容についての詳細な内容は不明ながら、ゴーン会長の報酬の状況をみると、一般的な…

続きを読む...

パクリカーはもはや過去! ホンモノ化した中国車が世界を席巻する可能性

パクリカーが話題の中心だったのは遠い昔の話 「どうせ、ベンツとかトヨタのパクリなんでしょ」  中国車に対してそんなことを言う人が、日本でもまだまだ多い。しかし、現実は大きく違う。中国車が欧米車や日本車のパクリっぽい恰好を.…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  5. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...