「コラム」の記事一覧 - 20ページ目

見た目や雰囲気で選ぶと後悔も! 大人気のスズキ・ジムニーは結局「誰向き」か?

街乗り基本でたまに雪道程度ならハスラーのほうが満足度は高い  ボクの知り合いで「ジムニー女子」がいる。普段はIT関係の仕事をしていて、バリッとしたスーツ姿だが、休日はアウトドアファッションで決め、趣味のカメラを携え、山に...

続きを読む...

一歩間違えると修羅場! 男女のクルマ選びで絶対守るべきこと5つ

クルマだからといって男性のエゴで選ぶのはNG 「使った後は下げといてよっ!」「なんでだよ、上げとけよ!」な〜んてトイレの便座問題に始まり、食べたいモノを我慢したり、インテリアの趣味で意見が割れたり、もともとは赤の他人同士...

続きを読む...

バスはヒュンダイが席巻するもトラックは世界のブランドが集結! ベトナムの不思議な大型車事情

ベトナム戦争時代のなごりとの話も  ベトナムモーターショーの会場から比較的近くの場所にはサイゴン川が流れている。大河と呼ぶにふさわしい大きな川で、その川べりにはコンテナヤードがあるので、多数の大型のトラクタヘッドが、ショ…

続きを読む...

気がつけば絶滅寸前! かつて大流行したオプション装備3選

下手くそ棒などと揶揄されたアイテムも  オプションカタログを見るのも、そのクルマの個性がわかったりして新鮮だったりする。どのクルマにも付く汎用品とそのクルマ専用のアイテムに分かれるが、なかには、「今でもまだあったのか!」…

続きを読む...

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

街中で見かけないほど売れていないクルマも  マイナーチェンジってのは、なかなか難しい。もちろん「ちょっと変わったな~」くらいにしておけば無難なのだが、可能な限り大幅に変更して一発勝負に出る場合もある。  ところがマイチェ.…

続きを読む...

限定車でも超高額車でもないのに見つからない! 入手困難な国産中古車4選

わずか59台しか生産されていないクルマも……  クルマに限らずいえることだが人は数量限定、希少モデルといった言葉に弱いもの。おかげでレアなクルマは中古車相場でも高価だったりするわけだが、限定車ではなかったのに販売台数が非...

続きを読む...

EVは200V充電が基本! ガソリン車を基準にメディアが作り上げた「急速充電器不足」という誤解

自宅や立ち寄り先にて200Vの普通充電があればまず不便はない  電気自動車(EV)の充電に関して、根本的な誤解がある。マスメディアで紹介される充電設備の話題は、ほとんどが急速充電器についてである。それは、既存のエンジン車...

続きを読む...

日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと  毎年恒例のイベントになっている『日本カー・オブ・ザ・イヤー』(以下COTYと略)ながら、今年はスズキ・ジムニーとスバル・フォレスターが辞退するという今までにない状況にな...

続きを読む...

何を間違えた? フルモデルチェンジでユーザーから見放された伝統の国産車5選

グローバル化やコストダウンなど企業の都合でファンが離れた  日本のファン向けに 本稿のテーマは「フルモデルチェンジでファンから見捨てられたクルマ」だが、ここで取り上げる5車種の経緯を見ると、「日本のファンを見捨てたクルマ.…

続きを読む...

韓国車が圧倒していたベトナムの自動車市場に変化! 発展途上の覇権争いの行方は?

中国車や日本車などが着実に力を付けている  ベトナムにおいては、韓国系企業がいち早くベトナム市場でのビジネスを積極化させ、その存在感を高めていると筆者は聞いていた。そしていざベトナムに降り立つと、道路を走る乗用車は確かに…

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その53

モータースポーツの魅力は万国共通です!  2001年から「全日本プロドリフト選手権」(D1グランプリ)が始まり、日本発祥のモータースポーツと言っても過言ではない「ドリフト」。相撲や柔道などと同様、モータースポーツ界の「お...

続きを読む...

マニアでも知らない! 型式にメッセージが隠されたクルマ3選

型式からトヨタのクルマづくりへの姿勢の変化がうかがえる  クルマの名前を呼ぶ際には、大部分の人が言う車名(クラウンのような俗称)に加え、型式(現行日産GT-RならR35)というものがある。型式はクルマやバイク以外の商品で...

続きを読む...

家族もち=ミニバンは日本だけの方程式! アメリカや中国のファミリーに人気の車種とは

巨大マーケットでのファミリーカーの王道はやはりSUV  カローラ vs サニー、マークII vs スカイライン/ローレル。そんなファミリカー対決が、日本の高度成長期では当たり前だった。  ところが最近では、日系トップ3(...

続きを読む...

ハイブリッドなのに日陰の存在! ひっそり消えたマイナーHV車3選

今考えると時代を作った偉大なるモデルもある  もはや街中でハイブリッド車を見ない日はないほど一般化したハイブリッド。2018年9月度の販売台数ランキングのトップ10でもラインナップの中にハイブリッド車を持たないのは10位...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...