「コラム」の記事一覧 - 20ページ目

3大メーカーじゃなくても爆裂ヒット! 石を投げれば当たるほど売れまくった国産車5選

時代の流れを掴みスマッシュヒットとなったクルマたち  今では個性の時代で価値観や好みも分散して、ひとつのクルマに人気が集中するというのはあまりなくなってきたが、その昔はいろいろとあった。トヨタ、日産、ホンダと紹介してきた…

続きを読む...

新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは

もともと6車線で設計された区間のため拡幅は容易  昨年8月、新東名の御殿場-浜松いなさ間が6車線化されることが決まった。国交相は実現の時期を「おおむね2年後」と語ったので、来年の夏までには完成するだろう。  WEB CA...

続きを読む...

名前はともかく形が思い出せない……超短命がゆえに激レアな国産車4選

軽自動車枠の拡大によりフルモデルチェンジを強いられた車種も  国産車のフルモデルチェンジのサイクルは平均すると5年前後。商用車など長いものだと10年近く小変更を繰り返して販売される車種も存在している。しかし、一方で短命で...

続きを読む...

いいことばかりではない? トヨタ・スープラ&BMW・Z4から考える共同開発のデメリットとは

逆の個性を持つトヨタとBMWだからこそ共同開発に意味がある  トヨタ86とスバルBRZという、同一の車体/駆動系によるスポーツカー開発には当初驚いたが、所有者は満足しているのではないだろうか。しかも、ブランドロゴや車名の...

続きを読む...

バカ売れ名車から泣かず飛ばずの迷車まで! 平成3年生まれのニッポンのクルマ7選

スポーツカー並みのラップタイムをマークする高級セダンが登場!  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

撤退が残念すぎる! 惜しまれ愛され続ける「いすゞ」の名乗用車4選

2002年に乗用車事業から完全撤退  いすゞ自動車というと今ではバスやトラックなど、働くクルマを中心に生産、販売をしており、「運ぶを支える」自動車メーカーとして知られているが、過去には乗用車も手掛けており、現在でも多くの...

続きを読む...

ボディ形状なんて関係ない! 人生一度は経験してほしい極上の国産ミッドシップカー3選

MRだからこそ「天才タマゴ」と呼ばれる外観を実現したクルマも 室内パッケージングや騒音、振動面でデメリットが多いことから、昔から本格派のスポーツカー以外にはあまり採用されないMRレイアウト。しかし、今も昔もトップカテゴリ...

続きを読む...

よくも悪くも衝撃的な作品多数! 平成2年に誕生したニッポンの名車5選

いまや大人気のミニバンというジャンルを確立したモデルも  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気など、激...

続きを読む...

10年落ちだから激安! 30万円以下で狙える街で見劣りしない中古コンパクトカー4選

10年選手であっても見た目機能ともに見劣りしないモデルも!  手ごろな金額の中古車、というと軽自動車を思い浮かべる人も多いかもしれないが、じつは使い勝手がよく維持費の安い軽自動車は中古価格が下がりにくい。そのため、若干維...

続きを読む...

走り好きのクルマ仲間から「お前もひよったな……」と言われないファミリーカー5選

王道のセダンならきっと奥様も納得してくれるハズ  スポーツカーが好きで、走ることが好きで、これからもずっと愛するクルマと生きていきたい。仲間たちと「もし子供ができてもミニバンだけには乗るものか」と約束だってした……。そん...

続きを読む...

イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も  最近、駐車場で「ほかが空いているのに、なぜわざわざ横に止める」と思ったことはないだろうか?  昔であれば、ドアを開けにくいし、ぶつけてドアパンチしたくないし、されたくも.…

続きを読む...

不人気がゆえにお買い得! 極上コンディションの中古が驚くほど安く手に入る現行国産セダン4選

安くてもコンディションが極上! 乗りつぶすなら最高のクルマ  新型カムリが「セダン復権」を標榜したように、日本ではセダンというジャンル自体がすでに不人気なジャンルとなりつつある。そのため、レクサスなどの一部の高級セダン以…

続きを読む...

大人数では乗らない! でも便利なほうがいい……人向けのミニバンじゃないスライドドア車5+1選

狭い場所でも乗降しやすいスライドドアは便利そのもの  何事にもメリットとデメリットはあるのだが、こと実用車、それも子育て世代のママやシニアな家族やペットがいる場合、スライドドア車のメリットは絶大。スライドドア車はそもそも…

続きを読む...

右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

庶民に新車でクルマを買うという夢を叶えたモデルも!  クルマが売れまくったマイカー時代を始め、つい最近までマイカーを持つのが当たり前だった時代。売れまくったヒットグルマはたくさんあったが、今回はトヨタ編、日産編に続いて、…

続きを読む...

2番手で何が悪い! トップになれないけど魅力溢れる愛すべきクルマ5選

必ずしも商品力で1位にクルマに劣っているわけではない  好調に売れるクルマは、多くのユーザーが愛用する以上、優れた商品と判断できる。  しかし各カテゴリーの販売1位は、商品力だけでは獲得できず、販売力も求められる。またそ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...