「コラム」の記事一覧 - 4ページ目

VWのMQBやトヨタのTNGAなど現在クルマのモジュール化を進める理由とは

開発の効率化はもちろん、運動性能向上にも貢献する 理由その1)パラダイムシフト  新型カムリなど、最新のトヨタ車が採用しているトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)。さまざまな車種の骨格を共通化する、モ...

続きを読む...

販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる  21世紀になって大きく変わったのがクルマ選びの基準だ。ファミリーカーは、セダンではなく使い勝手のいいミニバンやクロスオーバーSUVに取って代わられている。また、スポー...

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その41

電池切れになるといろいろと不便……  すみません。このところ、自分の愛車「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」に乗るときは、枕詞にいつも「久しぶりに」という言葉が付きますが、まさに今回もそう。久しぶりに乗った...

続きを読む...

女子がデートでスポーツカーを嫌がる本当の理由とは

助手席に座っているだけ……でも苦労は多い  スポーツカー……、それは男たちの永遠の憧れ。いえ、女にとっても憧れだった時代はありました。90年代にはとくに、彼氏がスポーツカーで迎えに来た女たちは、羨望の眼差しを浴びまくった...

続きを読む...

あの土屋圭市さんが審査委員長! ドリフトキングダム第2戦が間もなく開催【動画あり 】

3月24〜25日に日光サーキットで開催  ドリフトマッスルからドリフトキングダムに名称変更して初めての大会が2月25日、筑波サーキットで行われた。ドリフトの面白さは実際の走りを見なければ伝わりにくいが、クルマって、こんな...

続きを読む...

スポーツカーが売れないこのご時世でも健闘している貴重な国産モデル5選とその理由

純粋に運転する楽しさを味わえるのが醍醐味なのだが……  最近はスポーツモデルの売れ行きが悪い。その理由に「若年層のクルマ離れ」が挙げられるが、メーカーが生み出した都合の良い言い訳だ。本当の理由は、手軽に買える運転のしやす...

続きを読む...

【ムービー】「ずっと走っていたい!」と絶賛! ドリキン土屋圭市のトヨタ86GRサーキット試乗

日本を代表するFR使いも納得のパフォーマンス  操る喜びを日常的に楽しむことができる「トヨタ86GR」。まだ発売される前に、ドリフトキングこと土屋圭市さんが袖ケ浦レースフォレストレースウェイでプロトタイプの試乗を行ってい...

続きを読む...

コンセプト変更で失敗! モデルチェンジで売れなくなった国産車3選 

大胆な変更で「らしさ」が失われファン離れに…… 「最新のモデルが最良のモデル」とは新型モデルが登場したときによく聞かれるフレーズだ。当然、自動車の技術は日進月歩であり、安全性能や燃費性能などは最新モデルが優れていることは...

続きを読む...

スマホ世代には伝わらない! 昭和のクルマ好きが使いまくったカーオーディオ用語5選

時代が変われば製品自体も用語も変化する  先日公開して大反響だった「昔のクルマ好きがこぞって使った昭和の自動車用語6選」。こんなのもあったぞ、と続々とお便りも届いてうれしい悲鳴だ。やっぱり昭和のカーキチは熱いね。というこ.…

続きを読む...

【ムービー】ドリキン土屋も大絶賛! トヨタ「86GR」とスバル「BRZ STI」をサーキットで比較試乗

安定をした走りを披露する「86GR」 トヨタ86とスバルBRZに、それぞれワークスブランドがチューンングを施した「86GR」と「BRZ STI」が大好評だ。この2台を千葉県・袖ケ浦レースフォレストレースウェイにて、ドリフ...

続きを読む...

レストアで新車のように蘇ったスバル アルシオーネSVXに試乗! 色褪せないその乗り味とは

単なる懐かしさだけでなく今でも楽しめるGT性能  SVXと聞いて、あのスバル・フラッグシップのフラット6モデル! と反応するクルマ好きは多い。スバリストでなくても20年前に発売されたSVXは、販売台数こそ約5年間で600...

続きを読む...

世界中のクルマ好きが認める驚異の存在! ポルシェ911がここまで愛され続けるワケ

圧倒的な個性を歴代保ち続けている  ほかのクルマとは間違えようのないデザインだったり、タルガやカブリオレのようなオシャレなモデルからGT系のような硬派なものまで揃うラインアップの幅広さだったり、ポルシェ911の人気の理由...

続きを読む...

夢の2台もち生活! 200万円前後で狙えるおすすめセカンドカー3選

ファーストカーの内容別に3台をオススメ  セカンドカーと一口で言っても、ファーストカーがファミリカーでセカンドカーに趣味のクルマを持つパターンもあれば、ファーストカーが趣味全開の車種のため、普段乗りのクルマとしてセカンド.…

続きを読む...

最近聞かれる「軽自動車で十分」という声! では「不十分」なケースとは

使用状況によっては普通車コンパクトにメリットがある  ここ10年ほど軽自動車の進歩は本当に目覚ましい。軽自動車は進歩に加え、ダウンサイザーと呼ばれる大きなクルマから小さなクルマに乗り換えるユーザーも増えていることもあり、...

続きを読む...