「コラム」の記事一覧 - 68ページ目

【ニッポンの名車】カミソリハンドリングの軽スポーツ! マツダAZ-1

ガルウイングにFRPボディパネルと超個性的  バブル後期に開発され、続々と登場した軽スポーツたち。なかでも時代を象徴するような3台の2シーターモデルはその車名の頭文字からABCと呼ばれ、マツダ・オートザムAZ-1、ホンダ...

続きを読む...

公道でも役に立つ! ドライビングスクール「Yui Racing School」を体験

ルノー公認のドライビングレッスンに潜入  陽射しがだんだんと暖かさを増し、そろそろモータースポーツも開幕するころ。周囲にチラホラ出現するのが、なんだか無性に走りたくてウズウズしてくる人たちだ。冬の間の運動不足解消とか、運…

続きを読む...

【もはや伝説】クルマ好きが熱狂したレース「グループA」って何?

基本は市販車そのままの外観で闘うレースカテゴリー  グループAとは、国内レースでは、1985年から1993年まで全日本ツーリングカー選手権で採用されていた競技車両のレギュレーションのことだ。  ツーリングカー=市販乗用車...

続きを読む...

【意外と知らない】エンジン排気量の数字が中途半端な理由とは?

ピッタリに作ることは難しい上に意味も少ない  クルマ好きなら、スペックを眺めてあれこれチェックしたりするだろう。スペックこそ、そのクルマを表わし、さまざまなことがわかる公式データだ。しかしじっくりと読み込むと疑問に思うこ…

続きを読む...

注目の新店舗ルノー所沢店スタッフが語るルノーの魅力とは?

他の輸入車ブランドを手がけてきたノウハウが活かされた心地よい店舗  国道463号に面した大きなショーウインドウから、個性豊かに並ぶルノーモデルが印象的な、ルノー所沢。昨年11月にオープンしたばかりの店舗は、埼玉県初の大型...

続きを読む...

エクリプス・クロスは最後の純粋な三菱車! WBS生放送で三菱ブースにゴーンが立つ

三菱を日産が買ったと実感させる一コマに遭遇  3月9日から一般公開されるジュネーブモーターショーだが、三菱は久しぶりに意欲的なニューモデルを披露した。クーペスタイルの最新SUVだ。その名はエクリプス・クロス(ECLIPS...

続きを読む...

オランダの空港に展示されたアウディQ5を見て日本の石油問題を考える

脱石油エネルギーが進んでいるオランダ  3月7日から始まるジュネーブショーの取材は、直行便がないため、日本からの取材陣はパリやロンドン、フランクフルトなど、ヨーロッパのさまざまな空港から乗り継いで移動する。今回、僕はオラ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】レッドゾーンは9500rpm! S600はホンダらしさ全開の小型オープン

本田宗一郎が一番理想としていたモデル  現在のS660のご先祖様としてお馴染みのSシリーズ。1962年に今の東京モーターショーの前身である全日本自動車ショーに、S360とS500が姿を現わしたのが最初だ。S360について...

続きを読む...

【NSXは67万円アップも】ボディカラーで値段が違うのはなぜ?

塗料自体も高いが一番は手間がかかること  クルマの個性を表現するボディカラー。ご存じのようにさまざまなカラーが用意されているが、以前であれば、ホワイト、黒、シルバーあたりが定番で、あとは赤などがついで程度に用意されていた…

続きを読む...

【リフト代わりにクルマで登る】ゲレンデタクシーのレガシィ・アウトバックは限定車だった!

BOXERエンジン50周年記念の「特別仕様車のX-ADVANCE」  大盛況のうちに閉幕したSUBARUゲレンデタクシー2017。シーズンラストとなる高鷲スノーパークは中部地区初開催ということもあり、関西方面からの来場者...

続きを読む...

【祝スカイライン60周年】歴代モデルを振り返る①「初代から3代目」

どのモデルも高性能スペックを誇っていた  日本のGTカー、そして「走り」のパフォーマンスの象徴ともいえる「スカイライン」が、今年デビュー60周年を迎える。人間でいえば、還暦。この間どれだけのクルマが誕生し、消えていったこ...

続きを読む...

【ブレーキ踏んだら床が抜けた!?】すべて事実の愛すべき「ボロ車」列伝

今のクルマでは考えられない衝撃の壊れ方をするボロ車  最近のクルマは長く乗っていても、おかしな壊れ方はしないだろう。変ないい方だけど、フツーに壊れるだけだ。もちろん品質が向上したため。一方、90年代ぐらいまでのクルマは、...

続きを読む...

「エンコにノークラ」いつしか使われなくなった自動車用語8選

消えたものから呼び方が変わったものまで多数あり!  言葉というのは生き物だという説があり、自動車用語にも栄枯盛衰があるようだ。今回は、現在では呼び名が変わった用語をピックアップしたい。 ①ロー、セコ(セカンド)、サード、...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  3. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  4. 【衝撃】高級車の超高額オプションはクルマが買えるほどの価格!

    【衝撃】高級車の超高額オプションはクルマが買えるほどの価格!

    なんとオプション総額4桁万円の世界! 4ケタ万円級の超高級車の商談では...

  5. 高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

    高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

    シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム! クルマは見た目が8割...

  6. わかってる感抜群! 運転女子にオススメしたい「ほどほど」スポーツモデル5選

    わかってる感抜群! 運転女子にオススメしたい「ほどほど」スポーツモデル5選

    走りだけじゃなく使い勝手も両立できるから女子向き! 新年を迎えて、今年...

  7. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  8. クルマ好き男子激萎え! いくらクルマに詳しくなくてもあり得ない同乗女子のエピソード10選

    クルマ好き男子激萎え! いくらクルマに詳しくなくてもあり得ない同乗女子のエピソード10選

    臭いやキズなどクルマにダメージを与える行為はNG!! 1)車内の楽しい...

  9. 【女性の本音】こんな運転をする男性は嫌われる5選

    【女性の本音】こんな運転をする男性は嫌われる5選

    舌打ちや方向音痴はNGです! 車の運転って意外と本性が現れると思いませ...

  10. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...