「コラム」の記事一覧 - 68ページ目

発見されたボロボロのポルシェ911はなんと24台しかない稀少車だった

ポルシェ・クラシックカー部門が見事復元!  数年前にアメリカのコレクターが発見したボロボロのポルシェ911。普通の人からすると「廃車寸前」と思うほど酷い状態の個体だ。しかしこのクルマはドイツにあるポルシェ・クラシックに持...

続きを読む...

ルノーF1チームのタイトル奪還への再挑戦が始まった!

F1の世界に常に新しい技術革新をもたらしてきたルノー  ルノーがF1GPに復活した。そもそもルノーとグランプリというと、1950年に現代のF1GPがスタートする以前にさかのぼる必要があるが、そこは別の機会に譲るとして、現...

続きを読む...

【スーパーGT】続々と新車が登場するGT300クラスに注目!

スーパーカーからエコカーまでガチンコ対決!  いよいよ開幕を迎えた、2016年シーズンのスーパーGT。30台のエントリーがあったGT300クラスは新車ラッシュとなり、新型プリウスをはじめメルセデスAMG GT、BMW M...

続きを読む...

【スーパーGT】FIA-F4からステップアップを果たす山田真之亮に注目だ!

地元、岡山から期待の新星がデビュー!  昨年からスタートしたFIA-F4選手権は、毎戦30台以上がエントリーする、世界でも最もレベルが高いと言われている若手育成カテゴリーだ。初代チャンピオンを獲得した坪井翔選手と、同2位...

続きを読む...

自動車メーカーのエイプリルフールネタまとめ

年に1度の嘘をつける日! 実は、実際にやって欲しい!?  毎年楽しみにしている人も多い、自動車メーカーのエイプリルフールネタ。人々に愛されるクルマを作り出す、高い技術と豊かな遊び心が生み出すユーモアの数々。さて、今年の名...

続きを読む...

「ドリフトがラク!」ドリキン土屋圭市が語るマークX”GRMN”

動きは86GRMNと同じモノ!  これは楽しい! 昔人気があったマーク?やチェイサーなどを思い出す走りだ。セダンでもFRのというのはこういう動きをする、という走りの面白さが味わえるクルマだ。 動きとしては86GRMNと同...

続きを読む...

【大好評コラム】ベンツGクラスの四駆+スタッドレスこそ最強だ!?

フェルディナント・ヤマグチが満を持して帰ってきた〜!  大変ご無沙汰しております。  フェルディナント・ヤマグチでございます。  読者諸兄に於かれましては「はぁ?あんた誰?」と私の事を訝しく思われましょうが、実は当WEB...

続きを読む...

トヨタC-HRのニュル24時間挑戦にル・マン優勝の関谷正徳さんと古場博之さんが緊急対談!

自分で体験しながらC-HRの走りをチューニングした 2016年3月のジュネーブモーターショーで正式発表された、新型クロスオ―バ―カ―のトヨタC-HRは、今年の期待の星だ。トヨタは先の東京オートサロンで「今年のニュルブルク...

続きを読む...

【モータースポーツ創世期】国産ワークスラリーカーが海外イベントで武者修行

日本メーカーはオーストラリアのラリーに注目し続々参戦! 第二次世界大戦で敗戦後、日本を支えたのは自動車産業だった。そこで、各メーカーが目を付けたのは、一般公道を使うラリー競技だった。中でも、オーストラリアへの注目度が高ま…

続きを読む...

ドリキン土屋圭市がベタ褒めする86GRMN驚異の走り!

「86GRMN」ならパワーがなくても楽しい!  このクルマは楽しい。86はこういうクルマなんだよね、という動きをする。俺はこれまでノーマルの86に試乗して、「もっとパワーがないと、腕のあるドライバーは楽しめない」と評価し...

続きを読む...

ハイパワーになり過ぎたWRCのグループSマシン

グループSはグループBのアクシデント多発でお蔵入りに  82年から試験導入され、83年から全面施行されたグループBによるWRCは、参戦メーカーが鎬を削ることによって急激に高性能化が進むと同時に、マシンの開発コストや参戦コ...

続きを読む...

ノーマルのルノーを魔法の手で変身させる「ゴルディーニ」(GORDINI)

ルノーのスポーツモデルに受け継がれる「魔術師の魂」 ルノーの2代目トゥインゴやウインドのスポーツモデルに設定されていた「ゴルディーニ」モデルは、そもそもチューニングの魔術師と呼ばれたチューニングの職人の名前に由来している.…

続きを読む...

税金制度の裏を突いた商品開発で人気となった昭和の国産車

税制の網の目をくぐる自動車造りでヒット作を目指す!  今さらながら、自動車と税金の関係は切っても切れない関係だ。クルマを所有すると「税金でがんじがらめ」ということになる。自動車税、重量税、所得税とたんまりお国にお金を奉納…

続きを読む...

【速報】バンコク国際モーターショーにホンダ新型BR-V登場!

ホンダBR-Vは3列シートでヴェゼルより安価でBIGサイズ! バンコクモーターショーで一番見たかったのがホンダBR-V。アジアや新興国向けのコンパクトSUVである。こう書くと「ヴェゼルとどこが違うのか?」と思うかもしれな...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  6. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  7. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  10. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...