• TOP > イベント

「イベント」の記事一覧

かつてはベージュや深紅! シカゴショーで感じたアメ車の内装色へのコダワリ

最近のアメ車は欧州車のような黒い内装色が増えていた  シカゴショーの会場内にある各メーカーブースをまわっていて気がついたのが、展示車に明るい色調の内装色を使ったものが多いことである。とくにアメリカンブランド車ではその傾向…

続きを読む...

トヨタ2000GTがバラバラ状態で展示された驚きの理由とは【大阪オートメッセ2019】

バラしたのではなくこの状態で入手した  新型スープラ=GRスープラの日本初公開で注目された今年の大阪オートメッセ。そのGRスープラが展示されたトヨタブースのすぐ隣の大阪トヨペットブースには、スープラの遠い先祖(?)、19...

続きを読む...

新車の目玉はスバル・レガシィぐらい! それでもシカゴショーに人が集まるワケ

デトロイトの開催時期変更を受けて注目度が増す可能性のシカゴ  2月9日からの一般公開を前に、7日・8日はシカゴショーのプレスプレビューデーであった(いずれも現地時間)。”全米一の集客数を誇る”と聞き、また2020年からい...

続きを読む...

残念ながら発売は未定! 上質仕立てのダイハツ・コペンスポーツプレミアムの魅力とは【大阪オートメッセ2019】

手作業で塗り上げたスペシャルなボディカラーに注目  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示し...

続きを読む...

RAYS製20インチホイールにいま流行りの光モノ! 泥が似合わない三菱アウトランダーPHEV【大阪オートメッセ2019】

スポーツウェアを意識した黄色のアクセントが効果的! 「STREET SPORT」という新たなカスタムスタイルを提案してきた三菱は、大阪オートメッセ2019に、エクリプス クロスの「STREET SPORT」に加え、アウト...

続きを読む...

これは発売希望! 趣味を満喫できる新型スズキ・ジムニー&シエラのカスタムは注目の的!【大阪オートメッセ2019】

ジムニーの本能を呼び覚ます本格オフロード仕様  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」。3ホールにあるスズキ・ブースのメインステージには、昨年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを果たして以来、仕様によ...

続きを読む...

ド派手な黄色にいま流行りのアゲ系! 発売前の三菱新型デリカD:5をパンチ強めにカスタマイズ【大阪オートメッセ2019】

イエローのペイントはテリー伊藤さんの提案  発売を目前に控えている三菱の新型デリカD:5。大阪オートメッセ2019は、そのプロトタイプ車の先行展示イベントにも選ばれていて、3台の新型デリカが舞台に並べられていた。  その...

続きを読む...

小型SUVが衝撃イメチェン! 20インチホイール+40mmローダウンの三菱エクリプス クロス【大阪オートメッセ2019】

スポーツウェア風の見た目でSUVの新たな楽しみ方を提案  チタニウムグレーメタリックとブラックマイカの特徴的な2トーンボディをベースに、ストライプ模様のグラフィックとビビッドなイエローアクセントで、スポーツウェアのような...

続きを読む...

発売が待ち遠しい! ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプトのキーマンを直撃【大阪オートメッセ2019】

トヨタ車以外で初となるGRのDNAを受け継ぐモデル  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示...

続きを読む...

日本への導入はいつ? 大注目の新型マツダ3はカスタムスタイルで魅力を発信【大阪オートメッセ2019】

話題の新型モデルながら乗り込みも可能!  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールにあるマツダブースのメインステージとその手前には、昨年11月にロサンゼルス自...

続きを読む...

ショーファーカーをスポーティにカスタム! 世界に2台のセンチュリーGRMNを展示【大阪オートメッセ】

箱根駅伝でも話題となった「センチュリーGRMN」  2019年の箱根駅伝に先導車として登場した、白の「センチュリーGRMN」を覚えている人も多いだろう。あの「センチュリーGRMN」は2台作成され、一台は箱根駅伝のあの白い...

続きを読む...

SUBARUがSTI Sportをインプレッサにまで拡大! 市販化は未定も期待大【大阪オートメッセ2019】

オリジナルカラーを使ったツートーン仕様  これまでスポーツモデルに限られていた「STI Sport」。スバルとしても、このSTIブランドを活用して、付加価値を高めていく方針を打ち出していて、それに呼応するカタチで新たに開...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市と元F1タイヤ開発の浜島裕英さんがJAWAブースでアルミホイールの重要性を語る!【大阪オートメッセ2019】

世界を戦ったドライバーとエンジニアがホイールについて語る!  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。6Bホールの中央には、日本自動車・用品・部品アフターマーケット振...

続きを読む...

走りのSTIがハイブリッド車をも変身! WRX STIのシステムを採用したフォレスターの衝撃【東京オートメッセ2019】

車高を20mm下げて走り系のイメージに  これまで、レヴォーグ、BRZ、S4というラインアップを揃えてきたSTI Sport。そのSTI Sportをいまのスバルの中心的車種になっているSUVにも広げるプランがあり、SU...

続きを読む...

SUVでも走りを追求! ホンダ ヴェゼルのモデューロXコンセプトの開発陣にインタビュー【大阪オートメッセ2019】

ベースモデルの装備をあえて外しハンドリング性能を追求  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのHonda/無限ブースの入り口には、1月31日に発売されたヴ...

続きを読む...

1 / 13012345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  4. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  5. 復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

    いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在 トヨタから新型スープラ...

  6. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  7. 地味に効く! クルマを長持ちさせてる人がやっている日常行為8カ条

    地味に効く! クルマを長持ちさせてる人がやっている日常行為8カ条

    ちょっとしたポイントが10年後に効いてくる! クルマというのはメンテや...

  8. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  9. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  10. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...