• TOP > インタビュー

「インタビュー」の記事一覧

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」ダイハツ ミラ トコット受賞インタビュー

ちょっと不思議な車名にコダワリあり  2018-2019日本・カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞である、スモールモビリティ部門賞を獲得したダイハツ ミラ トコット。受賞式が終了した直後に、開発を行った車両開発本部 製品企画部...

続きを読む...

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「エモーショナル部門賞」BMW X2受賞インタビュー

見た瞬感エモーショナル賞だと思ったモデル  2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのエモーショナル部門賞に輝いたBMW X2。受賞式が終わった直後に、広報部の前田雅彦さんに直撃インタビューを行った。  このクルマを...

続きを読む...

「まったく別のクルマに見せたかった」スズキ・スペーシアギアの開発エンジニアに直撃インタビュー

参考出品のカスタマイズ仕様がギア誕生きっかけのひとつに  2017年12月にフルモデルチェンジしたばかりのスズキの背高軽ワゴン「スペーシア」に、タフでアクティブなSUVデザインを採用した「ギア」が仲間入りし、12月20日...

続きを読む...

力強さはそのままに質感アップ! スズキ・エスクードの開発エンジニアにインタビュー

タフさと上質さを両立させるオールマイティなSUVへ進化  スズキの中ではハイエンドに位置するB-CセグメントのSUV「エスクード」が、2015年10月の現行4代目デビュー以来初めてマイナーチェンジ。12月21日に発売され...

続きを読む...

大人の女性から寄せられた声に応えたスズキ・ラパン モードの開発エンジニアにインタビュー

ライバルがコンセプトを変えたことで指名買いが増えた  女性をメインターゲットにしたレトロモダンな軽乗用車「アルトラパン」に、大人らしく落ち着いた印象の特別仕様車「モード」が設定され、12月6日に発売された。その狙いについ...

続きを読む...

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」ホンダ・クラリティPHEV受賞インタビュー

クラリティは将来性のある存在  2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイノベーション部門賞に、ホンダ・クラリティPHEVが選ばれた。このイノベーション部門賞は、もっとも先進的な技術をもったクルマに送られる賞となる...

続きを読む...

【ムービー】ボルボXC40が日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞! ボルボ社長に直撃インタビュー

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長を直撃!  2017年11月1日から2018年10月31日までに日本で発表・発売されたクルマを対象に、選考委員の投票によって代表車1台を決める、日本カー・オブ・ザ・イヤー。その開票が行...

続きを読む...

【ムービー】セダンとハッチバックで部品の共用化はほぼなし! 新型マツダ3のチーフデザイナーにインタビュー

セダンとハッチバックで異なるユーザー層に向けたデザインを追求  先日、LAショーで世界初披露された新型マツダ3。新世代のマツダデザインとなり、よりスタイリッシュなエクステリアが与えられている。しかも、ほとんどの部品が共用...

続きを読む...

【ムービー】ついに登場した新型マツダ3! 直撃インタビューで開発主査が魅力を語る!!

アクセラの名はもう使わないかもしれない!?  ついにLAショーで姿を現した、新型マツダ3。先代よりもスタイリッシュに仕立てられたデザインは、海外メディアからも好評のようだ。話題のパワートレイン「スカイアクティブX」も搭載...

続きを読む...

【ムービー】日本仕様についての情報も! 新型カローラ開発主査を直撃インタビュー

日本仕様は幅の狭いものも用意される!?  2019年に日本で登場予定のカローラセダン。広州で公開され、アメリカのLAショーにてハイブリッドモデルが登場した。注目の同車は、3ナンバーを超えるボディサイズが日本でどうなるのか...

続きを読む...

【ムービー】レクサスUXがいよいよ日本デビュー! チーフエンジニアにインタビュー

SUVながら運動性能を追求して走りが気持ちいい!  レクサスのコンパクトSUV「UX」が日本デビューとなった。その魅力は一体どこにあるのだろうか? 今回、報道陣向けに開催された記者発表会にてチーフエンジニアを務めた加古 ...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! アルファロメオ・ステルヴィオ編

SUVなのにまるでスポーツカーのようなハンドリング性能  2018年12月7日、日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が決定する。この賞は数多くのノミネート車から選ばれた10台の「10ベストカー」の中から選出される...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! トヨタ・クラウン&カローラスポーツ編

トヨタからは2車種が10ベストカーにノミネート  まもなく日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019のイヤーカー(大賞受賞車)が決定する。これは2017年11月1日から2018年10月31日までに日本国内で発表・発売さ...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! BMW・X2編

SUVらしからぬクーペスタイルが特徴  栄えある日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が、2018年12月7日に発表される。その1台は、全27台のノミネート車から、選考委員の投票によって10台に絞られた、10ベスト...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! マツダCX-8編

3列シートで広い車内を確保するも車幅はCX-5と同様  日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019の第一次選考会で、全27台のノミネート車の中から、上位10台の10ベストカーに絞られた。そしてついに、12月7日の最終選...

続きを読む...

1 / 812345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...