• TOP > インタビュー

「インタビュー」の記事一覧

生産性向上よりも徹底して高品質を追求したトヨタ・新型センチュリーのデザインへのこだわりとは

最高峰の名にふさわしい至高のデザインを  初代の誕生からおよそ半世紀に亘り、後席のVIPが快適にくつろげることを最優先とし、そのための乗り心地のよさや静粛性を追求してきたセンチュリー。その思想は決してブレることなく、歴史...

続きを読む...

【ムービー】ますます魅力的になったマツダ・ロードスターの開発キーマン2人にインタビュー

乗るとわかるエンジンを改良したことのすごさ マツダ・ロードスターの改良モデルが6月に登場した。ソフトトップモデルは、限定車としてキャラメルトップを採用し、ATのシフトタイミングなどを見直した。リトラクタブルハードトップを...

続きを読む...

ダイハツ・ミラ トコットの優れた走りを作り上げた女性エンジニアのワザ!

女性の求める「運転のしやすさ」は男性とは違う 「自分にちょうどいい、欲しいと思うクルマがない」と訴える若い女性たちの声に気づき、女性社員たちによる“現代女性の感性変化を調査する”プロジェクトを立ち上げたダイハツ。その中で...

続きを読む...

「守るべき伝統と打ち破る伝統」新型トヨタ・クラウン開発陣が込めた想いとは

伝統を守りながらも伝統を打ち破らなければならない  トヨタの創業者である豊田喜一郎氏の「日本人の頭と腕だけで、国産車を作る」という熱い想いを原点に、1955年に初代が誕生したトヨタ・クラウン。その後も時代ごとの先進技術を...

続きを読む...

世界に出しても通用するデザインを! 新型トヨタ・クラウンのデザイナーがこだわったポイントとは

クラウンは社内でも特別な存在で手間や苦労を惜しむ者はいない  歴史を守ること。そして歴史を変えること。そんな矛盾するふたつの要素を両立させる。15代目となる新型クラウンのデザイン開発は、その高いハードルに挑んだプロジェク...

続きを読む...

開発のキーマンが日本人を長年魅了するカローラの最新モデルに込めた思いとは

伝統を守りながら、新たなる領域への挑戦  時代ごとに求められる新たな価値を創出し、変化することで歴史を築いてきたカローラ。カローラのDNAとも言えるその精神性は、12代目となる新型でも健在だ。目指したのは、カローラならで...

続きを読む...

従来のカローラ像を変えるデザインを! トヨタ新型カローラ スポーツのデザイナーにインタビュー

歴代随一のスポーティさといつまでも愛せる大人のデザインを!  1966年に初代が誕生し、2016年には50周年という節目を迎えたカローラ。2001年まで33年間連続で国内年間販売台数の首位を維持し続けるなど、まさに日本の...

続きを読む...

カラーは機能に特化し表面処理にも意味を持たせる! 新型スズキ・ジムニーのデザインへのこだわりとは

ジムニーの原点に立ち戻って機能に特化 “世界最強のオフローダー”スズキ「ジムニー」が7月5日、20年ぶりにフルモデルチェンジし4代目へと進化した。そのデザインへのこだわりについて、四輪デザイン部四輪インテリア課の日向 隆...

続きを読む...

2代目に似たのは機能美を追求した結果! 新型スズキ・ジムニーのエクステリアデザイナーにインタビュー

トレンドを意識したデザインとは真反対の方向を向いた 7月5日、20年ぶりに世代交代し4代目へと進化した“世界最強のオフローダー”スズキ・ジムニー。2代目以前に原点回帰した感の強いエクステリアデザインについて、四輪デザイン...

続きを読む...

「信頼できるSUVに新しい価値を加えたい」スバル新型フォレスターの開発エンジニアにインタビュー

歴代の価値をしっかり守りながら、新たな価値を創造  1997年に初代がデビューし、今ではスバルのグローバル最量販モデルにまで成長したフォレスター。その第5世代となる新型がいよいよ正式デビュー。今回のフルモデルチェンジで開...

続きを読む...

先代同様のコンパクトなボディサイズを継承! 新型スズキ・ジムニー企画担当者インタビュー

既存ユーザーの声を投入して荷室の使い勝手も大幅向上 初代誕生から約半世紀、先代3代目だけでも20年もの歴史を持つ“世界最強のオフローダー”スズキ「ジムニー」。7月5日に誕生した4代目は、どのような商品企画のもとで開発が進...

続きを読む...

フレームの強化は走りに大幅貢献! 新型スズキ・ジムニー開発責任者インタビュー

オンロードでも体感できるジムニーの進化 “世界最強のオフローダー”スズキ「ジムニー」が7月5日、20年ぶりにフルモデルチェンジし4代目へと進化した。その誕生秘話や開発の狙いなどについて、チーフエンジニアの米澤宏之(よねざ...

続きを読む...

【ムービー】気持ち良い走りを実現! ホンダ・ジェイドの開発主査にその秘密を直撃

思い切って2列シートとしたことで走りを極めた ホンダ・ジェイドがビックマイナーチェンジを行った。すでに各メディアが取り上げているように、2列シートがRS(ガソリンモデル)とハイブリッド RSに追加された。今回はジェイドの...

続きを読む...

【ムービー】新型メルセデス・ベンツGクラスの注目ポイントとは? 河口まなぶさんが解説!

新機構となったハンドリング性能に注目!  2018年1月にデトロイトショーで発表された、メルセデス・ベンツGクラスの新型モデルが日本で初披露された。メルセデス・ミーで行われた発表会に訪れていた、モータージャーナリストの河...

続きを読む...

「スポーツカーにモデルチェンジは不要」86とロードスターの開発責任者の本音

FRスポーツを開発したトヨタとマツダのエンジニアがトークショー  ゴールデンウィーク中(5月3日、4日、5日)に広島県で、ひろしまフラワーフェスティバルというイベントが開催された。その初日のイベントとして、平和大通り(1...

続きを読む...

1 / 612345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  2. 効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    危険度を増してしまう間違ったテクニックも クルマは燃料がなければ走らな...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  5. 【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も エコ関連の内容というの...

  6. 【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる...

  7. 【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    吸排気のバルブを別のカムシャフトで動かし高性能化を狙った DOHCとい...

  8. 発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    発売前から決意! 私が新型スズキ・ジムニーを買ったワケ

    4種類すべてに試乗してジムニーXC 5速MTを選択! 新型ジムニー(J...

  9. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  10. トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

    地域によっては補助金だけでなんと303万円! 何と! 燃料電池車トヨタ...