「ホンダ シビックタイプR」の記事一覧

ホンダ シビックタイプRに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

新型シビックタイプRが降臨! いまわかる中身と激熱カスタムカーを紹介【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると ■ホンダの東京オートサロン2022ブースを紹介 ■新型のシビックタイプRが初登場した ■モデューロXの新型車両など、注目車両が目白押しだ ついに姿を現した新型シビックタイプRは今年登場予定!  2年...

続きを読む...

21世紀が到来! クルマが大きく進化した2000年代に若者が憧れたクルマ5選

この記事をまとめると ■2000年代初頭に人気のあったクルマをプレイバック ■昭和に誕生したスポーツカーも人気が高かった ■最先端技術などが多用された新時代のクルマが多く世に放たれていた クルマのあり方が大きく変わった2...

続きを読む...

「最新こそ最良だろ!」「やっぱりNAでこそR!」 ファンが紛糾するシビック・タイプRは「どれが最高か」論争を考える

この記事をまとめると ◼︎6代続くシビック タイプRのスペックを比較 ◼︎「最新は最良」と言われているのかを検証してみる ◼︎必ずしも最新が最良とは言えないシーンもあることが発覚 シビック「タイプR」の中ではどれが最高と...

続きを読む...

パワーが上なのに燃費も上という例も! 排気量も気筒数も同じなのにクルマの燃費が異なる理由

この記事をまとめると ■似たようなスペックのエンジン同士で燃費が結構異なるケースがある ■パワーが出ていて燃費も良いエンジンは熱効率が良い証 ■まだまだガソリンエンジンには伸び代があると考えられる 似たようなクルマでも燃...

続きを読む...

タイプRは白! WRXは青! もはや「伝説級」のボディカラー5選

この記事をまとめると ■レーシングマシンの色を受け継いている色が多い ■その色で既にレースに出ていなくても、色だけは今でも健在している ■環境問題などにより当時の色のまま作れない物もある ブランドイメージにも繋がる象徴的...

続きを読む...

「スーパー」「ワンダー」……今度は「爽快」! 振り向けば超長寿「累計販売2700万台」超の11代シビックを振り返る

いまなお若い世代の視線を集める「ビッグネーム」  昭和の自動車ファンにとって忘れられない国産車の1台、そして比較的若い世代には、タイプRという響きにそそられるクルマが、ホンダ・シビックではないだろうか。  今秋には、待望...

続きを読む...

バリバリのスポーツモデルなのに家族から文句が出ない! 走りが忘れられない「世帯持ち男子」が乗るべき5台のクルマ

この記事をまとめると ■スポーツカーでも意外とファミリーで乗って快適なクルマはある ■リヤシートやラゲッジスペースが広ければ認めてもらえる可能性は上がる ■リヤにアクセスするためのドアがあるモデルならなおよし 2ドアスポ...

続きを読む...

ハンドリングならリヤ駆動! トラクションなら4WD! それでもホンダがFFスポーツにこだわるワケ

ホンダのFFの歴史はN360から始まった  NSXやS2000、S660などがあるにせよ、ホンダといえばシビック タイプRを筆頭に、昔からFFスポーツのイメージが強い。もともとスポーツには不向きと言われてきたFFに、なぜ...

続きを読む...

もう二度と登場しない可能性大! ノンターボなのに「リッター100馬力」を達成した「凄ワザエンジン」搭載車7台

この記事をまとめると ◼︎各社が凌ぎを削った馬力競争の結果で生まれたの珠玉のエンジンが昔は多くあった ◼︎NAエンジンといえばホンダのVTECが有名だが、三菱も日産もトヨタも追従していた ◼︎テンロクで200馬力という超...

続きを読む...

ぶっつけ本番でも「セッティングの鬼」と化す! 中谷明彦が挑んだ久々の本気レース「ウラ話」その2

FFレーシングカーはリヤタイヤの効率的なウォームアップが肝  TCRジャパンシリーズ開幕戦・富士ラウンド2戦(サタデーレース、サンデーレース)の金曜日練習走行第2枠。第1枠で使用した新品タイヤをそのまま使用する。レースセ...

続きを読む...

中谷塾「秘伝のタレ」的セッティングを公開! 中谷明彦が挑んだ久々の本気レース「ウラ話」その1

デフォルトセッティングはかなりマージンを取った仕様  TCRジャパンシリーズ開幕戦・富士ラウンド2戦(サタデーレース、サンデーレース)に参加させていただいたなかで、木曜日の練習走行から日曜日の「サンデーレース」決勝までに...

続きを読む...

【試乗】速すぎるシビック・タイプRの衝撃! 「レース経験者のみ」に参加が許された試乗会で限界性能がマル裸に

「タイプR」の歴史で初めてターボを搭載したモデル 「シビック・タイプR Limited Edition試乗会のご案内」。  招待状を手に向かった先は鈴鹿サーキットである。空は青々と晴れ渡っており、生暖かい海風が優しくそよ...

続きを読む...

サーキットでの速さをさらに追求! ホンダ・シビックタイプRがマイナーチェンジ

リミテッドエディションは抽選分の10台を除き完売!  ホンダは、走りを極めた本格派「シビック・タイプR」をマイナーチェンジ。10月9日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、475万2000円。同時に国内200台...

続きを読む...

巨大メーカーの「ブランド」を築いた衝撃作! 国産8メーカーの「神車」8台を選んだ

スポーツカーがブランドイメージを高めてきた時代があった  自動車メーカーにはそれぞれ色がある。そうした個性的なキャラがあるからこそユーザーは車種ではなくメーカーのファンになったりするわけで、それをブランド価値と呼んだりす…

続きを読む...

黄金の「90年代」に比べると影の薄い「2000年代」! 不遇の時代に生まれた「名スポーツモデル」4台

アフターパーツが充実していることも魅力のひとつだ  日産スカイラインGT-Rにトヨタ・スープラ、マツダRX-7、ホンダタイプRシリーズと未だに多くのファンを抱え、海外からの熱視線もあって中古車市場では価格がどんどん上がっ...

続きを読む...

デイリーランキング