「ホンダ ジェイド」の記事一覧

ホンダ ジェイドに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

狭っ! 後席使いづらっ! 実用車なのに実用性に欠ける残念なクルマ6選

この記事をまとめると ■ジャーナリストが取材した結果、実用性に欠けていたクルマを6台紹介 ■後席の狭さが目立つクルマは結果的に失敗しがちだ ■観音開きドアは便利そうに見えるが使い勝手はあまりよくない傾向にある 実用性があ...

続きを読む...

これは狭すぎて座れない! ナゼ付けたのか不明な3列目シートをもつクルマ4選+α

この記事をまとめると ■3列目シートを備えながらも使用が難しいクルマを紹介 ■あまりの狭さにメーカーも「収納して使う」ことを推奨していた例もある ■3列目を外して2列シートモデルを再設定したモデルも存在する 「イザ」とい...

続きを読む...

世の流れもユーザーの声も汲んだハズ! なのにモデルチェンジで人気凋落した残念なクルマ3選

この記事をまとめると ◼︎モデルチェンジによって人気モデルから不人気モデルになったクルマを紹介 ◼︎ネガな部分が消えているので悪いクルマではなかった ◼︎長い歴史に終止符を打ってしまったケースもある 人気モデルだったはず...

続きを読む...

200万円以下でリタイヤ組の人生が華やかになる中古相棒車5選

この記事をまとめると ■200万円以下で選べるオススメ中古車を紹介 ■懐かしいモデルから今しか楽しめないかもしれないモデルまで目白押し ■比較的高年式の輸入車も選ぶことができる 200万円以下で選べる多種多様な掘り出し物...

続きを読む...

かつてはオデッセイやウィッシュがバカ売れしたのにナゼ? 「非スライドドア」ミニバンが消えたワケ

走りに振ったミニバンが減った  日本のミニバンブームの火付け役となったのが、初代が1994年にデビューしたホンダ・オデッセイ。発売以来、大ヒットしたことは記憶に新しいが、以来、トヨタ・ウィッシュ、イプサム、ホンダ・ストリ...

続きを読む...

アナウンスもないけど買えないの? 最近ひっそり消えていった悲しいクルマ8選

クルマの品質としては高かったが人気が出なかった悲しいモデルも  誕生するクルマがあれば、消えゆくクルマもある。EJ20エンジンを搭載したスバルWRX STIはファイナルエディションという限定車を最後に発売し、倍率23倍強...

続きを読む...

コンセプト不明! 「誰向け」かわからず「販売不振」で消えたクルマ5選

大きなメーカーだからこその苦悩も!  クルマは大きな開発資源を使ってつくられるものだけに、社内では明確なコンセプトやターゲットユーザーが決められるものである。しかし昔は実際に出たクルマが成功したかしないか以前に、「これは…

続きを読む...

ライバルの「マネ」はしない! あえて「ハズシ」で勝負をかけた国産車3台の成功と失敗

全高や全幅を抑えた都市型ミニバンとして期待されたが……  クルマのスタイルやメカニズムには王道やオーソドックスといった言葉で表現されるものがある。  たとえばミニバンであれば5ナンバーサイズで両側電動スライドドアであるこ...

続きを読む...

ハッキリ言って売れてない! でも「私乗ったらスゴイんです」な国産車3選

大人気のクロスオーバーSUVでも売れてないモデルも!  いいクルマという概念は難しく、どういう使い方をするのかによっても評価は大きく異なってくるもの。とはいえ、販売台数ランキングの上位の常連となる車種は多くのユーザーに支...

続きを読む...

【既存オーナーには悲報!】フルモデルチェンジじゃないのに走りや見た目が激変したクルマ4選

安全性を高めたり、キャラクターを進化させた  クルマは何年かのタイミングでフルモデルチェンジを行うだけでなく、シリーズの途中でもマイナーチェンジと呼ばれる改良を行うことがある。それは市場のニーズだったり、新車開発時に織り…

続きを読む...

便利で人気のスライドドア! ジェイドやプリウスαなど低全高ミニバンに採用されない理由とは

一大ミニバンブームのころはヒンジ式のリヤドアが多かった  かつての一大ミニバンブームのころは、ミニバンといってもスライドドアだけでなく、トヨタ・ウィッシュやホンダ・ストリームのようなヒンジ式リヤドアを採用するクルマがヒッ…

続きを読む...

激戦の2019年上半期の販売台数! 現在登録車トップのプリウスが逃げ切れないと予想されるワケ

軽自動車ナンバー1は今回もN-BOXでほぼ確定  自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、それぞれ登録車と軽自動車の令和初となる、2019年5月の新車販売統計が発表された。そこで6月の...

続きを読む...

売れてないからダメ……は早計! 日の目を見ないけど「いいクルマ」4選

ランキング下位でも良いクルマは存在  2019年4月までの乗用車販売台数のランキングを見ていると、日産ノート、トヨタ・プリウス、トヨタ・アクアの3強は相変わらずで、日産セレナ、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・カローラ、トヨタ・...

続きを読む...

最近の新車は高い! そんな嘆きのユーザー必見の「安ウマ国産車」5選

手ごろな価格でも満足度の高いクルマは存在する  久しぶりに新車を買おうとして、「エッ、こんなに高いの?」ってびっくりした人、いませんか? いや、そうなんです。間違いなく最近の新車は価格が高いんです。  例えば、わかりやす.…

続きを読む...

デカきゃ広いは間違い! ジャンル別「本当に広い」リヤシートのクルマ5選

カタログ値ではなく同一人物の実測値で判定  ファミリーカーとして愛車を選ぶ場合、後席に大切な人を乗せる機会が多いのであれば、後席の広さがクルマ選びのポイントになったりします。ここではジャンル別に後席、とくに快適度に大きく…

続きを読む...

デイリーランキング