「三菱 デボネア」の記事一覧

三菱 デボネアに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

10年なんてひよっこ! 40年作り続けられたクルマもあった! モデルライフが長過ぎる超ご長寿国産車5選

この記事をまとめると ■10年以上生産された国産車をピックアップ ■ジムニーやジープなど用途が決まっているクルマは長年製造されやすい ■スバル360は自動車の進化が著しかった時代でも10年以上生産された モデルチェンジを...

続きを読む...

名前に違わぬ最強っぷり! 自動車ファンを熱狂させた三菱の「サターンエンジン」とは

この記事をまとめると ■かつての三菱のエンジンは天体に関する愛称が付けられていた ■天体シリーズの元祖でありもっとも印象深いのは「4G3型」のサターンエンジンだ ■4G32型サターンエンジンはDOHCヘッドを備えてクラス...

続きを読む...

「やりすぎNISSAN」の「e-4ORCE」も真っ青! 90年代には「もっとやりすぎた日本車」が沢山あった

この記事をまとめると ■日産ブランドアンバサダーのキムタクが「やりすぎNISSAN」と発言した ■電気自動車アリアに搭載の4WDシステム「e-4ORCE」の超絶ハンドリングを絶賛 ■1990年代の日本車には「やりすぎ」な...

続きを読む...

メルセデスじゃないのにAMGのバッジ! 意外なコラボで誕生したモデルとは? 

この記事をまとめると ◼︎メルセデス・ベンツと関わりの深いAMGの正体を解説 ◼︎バイクや時計ともコラボしていた ◼︎日本車にもAMGと共同で作ったクルマが存在する メルセデスのワークス? そもそもAMGとは何者なのか ...

続きを読む...

かつて「打倒クラウン」に各社は燃えた! トヨタの絶対王者に挑んだ国産セダン5選

この記事をまとめると ■セダンが不人気な現代でもクラウンは月2000台ほど売れている ■高度経済成長期からバブル期まではクラウンのライバルが各社から出ていた ■クラウンを含め今後のセダン市場の動きに注目だ セダンが輝いて...

続きを読む...

二度見どころか三度見必至! クルマ好きじゃなくても目を奪われる強烈デザインのクルマ5選+α

通りかかった瞬間から街の主役間違いなし!  パワーや足まわりのしっとり感などは乗ってみないとわからないもの。もっと言ってしまえば、「スゲー、カッ飛んでいった」というのはあるにしても、フィーリングなど、乗り手に訴えかけるも…

続きを読む...

海外メーカーのブランド力に頼っても売れなかった「悲運の共同開発車」3選

エンジンにまで手を加えたチューンドモデルも!  いまや日本の自動車産業は世界でもトップクラスにまで成長しており、品質面においては海外メーカーにも勝るとも劣らない実力を身に着けているのはご存じのとおり。しかし、1980年代...

続きを読む...

マニアすらも驚くレアっぷり! しかも安くてイケてる「脱定番」旧車4選

この記事をまとめると ■近年は旧車の価格が急騰している ■すべての旧車が高騰しているわけではないので手頃な価格で狙える旧車もある ■整備や部品の調達などで苦労することも多く、安いからと手を出すと痛い目にあうことも 魅力的...

続きを読む...

なんと65年間作られたクルマも! フルモデルチェンジせずに生産され続けた超ご長寿モデル5選

成熟期を迎えモデルチェンジのサイクルは伸びている  国産車では、長い間4年に一度のフルモデルチェンジというのが定番だったが、技術革新も一段落し、良くいえば成熟期、悪くいえば頭打ち気味になり、モデルチェンジのサイクルは徐々.…

続きを読む...

見つけたらタクシーマニア感涙もの! いまはほとんど見かけないタクシー専用車両5選

セダンタイプのタクシー仕様もバリエーションが豊富だった  筆者がクルマ好きとなり、クルマ関係のメディアで仕事をするようになった、その原点はタクシーである。我が家がまだマイカーを持たなかった子どものころ、祖母の家を訪れる時…

続きを読む...

ツウも唸る隠れ名車! まだ安く入手可能なちょっとマイナーな国産ネオクラ車4選

今ならまだふた桁万円で入手できる個体が多数!  未だに「旧車」というと1970年代以前のモデルを指すことが多いが、気がつけば来年で2020年となるわけで、1980年代に生まれた車両たちであっても40年近い年月を経た、立派...

続きを読む...

デイリーランキング