「三菱 eKワゴン」の記事一覧

三菱 eKワゴンに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

2021年は三菱にとって記念すべき年! 三菱「eK」シリーズ誕生20周年を迎える

この記事をまとめると ■2021年で、三菱のeKシリーズ誕生から20周年となった ■三菱の軽自動車の始祖となる「三菱360」誕生からは今年で60周年 ■2022年に三菱は軽のEVを導入する予定だ eKシリーズ20周年! ...

続きを読む...

まさかの日本語! ダジャレ! 噂から公式まで「パンチ効きすぎ」の車名の由来4つ

この記事をまとめると ■車名の意味を紐解くと深い意味が隠されていることがある ■軽自動車にシャレの効いた名前が多い ■諸説ある場合もあればメーカー公認のシャレまで多数存在 ただ出すだけじゃ面白くない! 車名に遊び心を入れ...

続きを読む...

本家超えの傑作! 倍近く売れるモデルも! 圧巻のオリジナリティで「魅力的すぎる」OEM車6選

この記事をまとめると ■ただエンブレムの張り替え程度ではないOEMモデルもある ■OEMモデルの方がオリジナルよりも売れるケースも ■まったく別物のようになったモデルも存在 OEM車はただエンブレムを張り替えただけじゃな...

続きを読む...

「女性向け」は必要なくなった? イマドキの「女性ターゲット」小型車事情

1970年代後半から女性ドライバーが急増した 「女性向けに作られた軽自動車」と聞いて、皆さんが思い浮かべるイメージはどんなものでしょうか? きっと多くの人が、丸目のヘッドライトで愛嬌のあるフロントマスクや、パステルカラー...

続きを読む...

人気のスーパーハイトワゴンよりスタイリッシュで走りも安定! 再注目したいハイトワゴン軽自動車4台を徹底比較

軽とは思えない機能性の高さや車格を超えた質感のモデルも!  今、軽自動車の売れ筋はスーパーハイト系だ。事実、2021年1月の新車販売台数のトップ4に、2位ホンダN-BOX、3位スズキ・スペーシア、4位ダイハツ・タントがラ...

続きを読む...

パワーだけじゃダメだった! 普通車に混じって高速を走っても「怖さ」を感じない軽自動車とは

緊張感をなくすためには着座位置や視線の高さがポイントになる  最新の軽自動車は、とくにターボモデルであれば、高速走行、ロングドライブ、フル乗車を余裕でこなしてくれるクルマも少なくない。ダウンサイジングで、一家に一台のファ…

続きを読む...

三菱eKクロス&eKワゴンが一部改良! 予防安全技術や運転支援技術がさらに進化

細かな機能性も向上させて魅力を高めている  三菱自動車は、人気の軽ハイトワゴン「eKクロス」ならびに「eKワゴン」を一部改良した。予防安全技術である「e-Assist」や高速道路同一車線運転支援技術「毎パイロット」の機能...

続きを読む...

これは売れない! 登場時の多くの批判にも負けず後に人気車種となった不屈の魂をもつクルマ3選

アグレッシブすぎて当初は非難が相次いだクルマも下克上!  クルマも人と同じように第一印象は重要だ。そのためスタイルに代表される第一印象がよくないクルマは人以上に浮上できないことが多い。しかし、少なからず登場時は批判されな…

続きを読む...

今年の代表車は果たして? 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーが決定!

この10台のなかから日本カー・オブ・ザ・イヤーが決まる  日本市場で登場した新型車のなかから、毎年1台に与えられる日本カー・オブ・ザ・イヤー。選ばれたモデルはその1年を代表する車種ともいえ、栄誉ある賞である。  日本カー...

続きを読む...

リッターカーいらずの衝撃性能! あまりにスゴイ新型軽自動車3台と画期的ポイント

下手な上級乗用車をしのぐ機能を持つものも!  2019年は軽自動車が革新的進化を遂げた1年だと言っていい。基本骨格やパワートレイン、先進運転支援機能はもちろん、これまでレクサスやトヨタの上級車にしか標準装備されていなかっ...

続きを読む...

兄か? 弟か? メーカー違いの兄弟車の正解の選び方とは

ほぼ見た目だけが違うクルマの場合ディーラーの距離で選ぶ  クルマには、販売チャネル分け、あるいは協業によって生まれた兄弟車(OEM車)がある。たとえばトヨタのルーミー/タンクとダイハツのトールがそうだ。このクルマたちは、...

続きを読む...

【ムービー】中谷明彦さんが試乗! 話題の新型三菱eK X&eKワゴン一般道インプレッション

NAでも十分な力強さを披露する!  日産デイズと兄弟車である、注目の軽自動車三菱eK X(クロス)とeKワゴン。安全運転支援システムのMI-PILOTを搭載し、走りだけでなくさまざまな装備で魅力を高めている。今回は、中谷...

続きを読む...

ホントに同じメーカーの同一車種? 初代と現行であまりに見た目が違うクルマ5選

2シーターから4ドアセダンとなったモデルも存在  名は体を表すというが、クルマの名前にはイメージが固定されがちだ。とくにロングセラーとなっているモデルではその傾向が強い。たとえば、トヨタ・クラウンは国産の高級セダンという…

続きを読む...

【試乗】ダイナミックシールドで迫力のルックス! 新型三菱eKクロスは軽らしからぬ力強い走りを披露

デリカD:5譲りの迫力あるフロントマスクに注目  三菱自動車が軽自動車eKシリーズをフルモデルチェジし試乗する機会を得られたのでレポートしよう。今回のフルモデルチェンジでeKシリーズは「eKワゴン」と「eKクロス」の2系...

続きを読む...

デイリーランキング