2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーはトヨタRAV4に決定!

2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーはトヨタRAV4に決定!

3年ぶりに国産車がイヤーカーを受賞!

 2019年12月6日、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が行われ、トヨタRAV4がその栄誉に輝いた。日本カー・オブ・ザ・イヤー

 日本カー・オブ・ザ・イヤーは、前年の11月1日から当年10月31日までに日本市場で発表・発売されたクルマのなかから、1台に与えられる賞。今回で40回という歴史ある賞である。

 選考方法は、全ノミネート車に対し、モータージャーナリストを中心とした60名の選考委員が投票を行い、まず10ベストカーが選ばれる。その10台に対し、各人持ち点25点を5台に割り振って、もっとも得点の多かった1台が日本カー・オブ・ザ・イヤーに決定するという内容だ。25点を割り振る際には、必ず1台に10点を投じなければならず、その他4台に対し、9点を上限に残る15点を投じるというルールだ。

 今回の特徴としては、10ベストカーに3台4メーカーの軽自動車が入った点だ。日産デイズと三菱eKシリーズは兄弟車ということで、1ノミネートとしてカウントされる。

 トヨタのクルマが日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したのは、30回目となる2009-2010の3代目プリウス以来のこと。またも節目の年にトヨタ車が選ばれた。

 また、トップ得点が国産車になった場合、輸入車でもっとも点数の多かったクルマに与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーはBMW3シリーズの手に渡った。日本カー・オブ・ザ・イヤー

 さらに全ノミネート車から選ばれる3つの特別賞も発表された。

 まず、もっとも優れた技術をもつクルマに与えられるイノベーション部門賞には、日産スカイラインが選ばれた。これは高速道路の手放し運転を可能としたプロパイロット2.0が評価された形だ。日本カー・オブ・ザ・イヤー

 続いてエモーショナル部門賞には、FCAのジープ・ラングラーが輝いている。日本カー・オブ・ザ・イヤー

 優れた小型車に与えられるスモールモビリティ部門賞は、前述のとおり、10ベストカーに3台の軽自動車が入るなど激戦となったが、日産デイズ&三菱eKクロス/eKワゴンが制した。日本カー・オブ・ザ・イヤー

画像ギャラリー