「タグ: RAV4」の記事一覧

RAV4に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ヤリスには「壮大な」計画が隠れている! クロスやGRなど別モノ車が全部「ヤリス」を名乗るワケ

ヤリス&ヤリスクロスは開発チームが同じ  2020年、登録車の新車販売トップとなったのは15万1766台のトヨタ・ヤリス。年間販売では王者ホンダN-BOXに届かなかったものの、月間でいえばN-BOXを超えることも珍しくな...

続きを読む...

「走り」だけがクルマの価値じゃない! レーシングドライバーが重視する5つの「後席」の条件とは

レース期間中にくつろげるプライベートスペースが後席だった  よく「レーサーなのに後席乗るの?」と聞かれるが、レーシングドライバーという職業であってもクルマの後席には昔からこだわりを持っている。2ドアのスポーツカーならいざ.…

続きを読む...

日本でも「主要車種」なのに海外で発表! 国産メーカーは日本市場を軽視しているのか?

日本専用車は少なくなっている  自動車メーカーが、世界戦略車という言いまわしをするようになって久しい。別の言い方をすれば、日本専用車が少なくなった、ということだ。  80年代頃まで、日本車の多くは日本市場向けに開発され、...

続きを読む...

新型トヨタ・ハリアーを生み出したワンチーム! キーマンが語る開発秘話

RAV4の存在が新型ハリアーを生み出すきっかけとなった CHAPTER1 指揮官 【SUVを否定することで模索した「モノ価値・コト価値」の先にある新たな価値】  世界的なマーケットの拡大とともに、競争が激化の一途をたどる...

続きを読む...

トヨタRAV4がよりアグレッシブに変身! 特別仕様車「Adventure OFFROAD package」発売

見た目だけでなく専用足まわりが与えられた本格モデル  トヨタ自動車は、本格SUVとして日本市場に復活し注目を集めているRAV4に特別仕様車「Adventure“OFFROAD package”」を設定。10月2日に発売し...

続きを読む...

「エコ」を全面に押し出す施策が「間違い」! 日本で「EV&PHV」を盛り上げるために重要なこととは

富裕層に人気のPHEVなのにRAV4は早々に一時受注停止  6月8日に正式発売となったのが、トヨタRAV4 PHV。ところが発売直後に、“バッテリーの生産能力を上まわる受注があったため”、年度内生産分の販売を終了。その状...

続きを読む...

「1番いいヤツもってきて」はちょっと待て! お金があっても「最上級グレード」がベストとは限らないクルマ4選

最上級グレードが最善の選択かはどうかは人それぞれ  クルマには、エントリーグレードから最上級グレードまで、さまざまな仕様が用意されている。かつて、トヨタ・クラウンのロイヤルカスタマー(ずーっとクラウンに乗り続けている上顧…

続きを読む...

仁義なき同門対決! トヨタの最新SUV「ハリアー」vs「RAV4」は街乗りか悪路かの単純な問題じゃなかった

同じミッドサイズのSUVだが使い勝手面や装備は大きく異なる 「日本で育ったクロスオーバーモデル」と開発陣自ら日本市場の重要性をアピールする、トヨタの人気クロスオーバーモデルがハリアー。その新型は、2019-2020日本カ...

続きを読む...

超人気なのに「売れない・買えない」! トヨタRAV4 PHVが「バッテリー不足」に陥ったワケ

キャパオーバーというより当初の目標数に達したことが原因か  電動車両ファンが期待を込めて待っていたトヨタRAV4PHVが、6月の発売から3週間ほどで年内の予定販売台数を受注し、以後、当面注文を受けられない状況になった。理...

続きを読む...

エンジン+モーター=「答え」じゃない! ハイブリッド車の「システム最高出力」の不思議

単純にエンジンとモーターの出力を足した合算値ではない  ハイブリッドカーのカタログで諸元表を見ると、エンジンとモーターにそれぞれ最高出力と最大トルクが記載されている。では、ハイブリッドカーが車両全体として発揮できる最高出…

続きを読む...

ハイブリッド車の先駆者がなぜ? トヨタがプラグインHVや電気自動車に消極的なワケ

HVでは大成功を収めたトヨタ  世界的な電動化のなかで、トヨタは電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)の導入に慎重な動きをしている。  トヨタは、世界で最初に量産ハイブリッド車を発売し、電動化への動きを...

続きを読む...

電気のみで最大95km走行可能! トヨタRAV4にプラグインハイブリッドモデルが追加

専用エクステリアデザインでスポーティさも際立つ!  トヨタ自動車は、人気SUV「RAV4」に、プラグインハイブリッドモデル「RAV4 PHV」を設定し発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、469万円(G)〜539万...

続きを読む...

【ムービー】新品時はもちろん減っても雨に強い! SUV用タイヤPremier LTXの万能ぶりを試す

高い運動性能とロングライフを両立できる優等生タイヤ  多彩なラインアップを誇り、世界中のファンから支持されるミシュランタイヤ。昨今高い人気を集めているSUV向けのタイヤも多数取り揃えているが、そのなかでも高い快適性と高速...

続きを読む...

「燃費」「舗装路」「悪路」性能に「使い勝手」まで兼ね備えた選んで間違いなしのSUV4選

電気式4WDシステムやEVとHVの機能を持ち合わせたものも  今、世界的にブレークし、大人気なのがSUVやクロスオーバーSUV。しかし、SUVは大きく重く、燃費が悪い。悪路走破性に優れてはいるのだろうけど、オンロードでの...

続きを読む...

ライズがバカ売れの影で苦戦するC-HR! それでもトヨタがSUVラインアップを拡大し続けるワケ

5月からトヨタ全店が全車を扱う体制に移行する  1990年には日本国内で778万台のクルマが販売されたが、2019年は520万台だった。約30年前の67%しか売れていない。この状況を受けて、大半のメーカーが販売系列を廃止...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング