「日産 フーガ」の記事一覧

日産 フーガに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ガソリン使いまくってスミマセン! それでも乗りたい6気筒以上の大排気量NAエンジン搭載車6選+α

この記事をまとめると ■比較的手に入れやすいマルチシリンダーの大排気量マシンを紹介 ■中古車であれば100万円以下でも手に入る個体が存在する ■近い将来絶滅する可能性もあるので乗るならいまがチャンスとも言われている V型...

続きを読む...

ホントにモーター付いてる!? 電動車嫌いもこれなら乗れるハイブリッド「らしからぬ」クルマ5台

この記事をまとめると ■日本は世界的に見ても「ハイブリッド大国」となっている大型市場だ ■登場当初は目立っていたが、現在ではハイブリッドは当たり前となりつつある ■ハイブリッドカーでありながら「ハイブリッドを感じさせない...

続きを読む...

泣きたくないならいま駆け込むしかない! まもなく「完全終了」する国産車3選

この記事をまとめると ■2022年で販売を終える予定のクルマをピックアップ ■10年以上販売されていたロングランモデルも今年でついに販売を終える ■一部グレードでは既に受注を終了しているモデルもある 残り3カ月で販売を終...

続きを読む...

本当の絶滅危惧種! ぶっとい音とトルクでブン回したい中古激安の「V8エンジン」搭載車たち

この記事をまとめると ■中古で狙い目となっているV8エンジン搭載車をピックアップ ■国産車でも過去に数モデル設定されていたので信頼性の高いモデルも多い ■元値が1000万円を超えるようなモデルも100万円台から狙うことが...

続きを読む...

ギネス記録の加速をもつモデルも安いっ! たった数十万円で300馬力オーバーが手に入る「バカッ速中古車」3台

この記事をまとめると ■格安で手に入るハイパワーマシンを紹介 ■じゃじゃ馬すぎて手を焼くほどの過激モデルが100万円以下でも手に入る場合も ■加速の速さでなんとギネス記録を保有していたモデルが数十万円から狙うことができる...

続きを読む...

不人気のセダンにありふれたミニバンだろ!? もはや異常な中古価格高騰中の国産車6選+α

この記事をまとめると ■今、各モデルの中古車相場が全体的に上昇気味だ ■スポーツカーをはじめ、一般的な乗用車にまで影響が出てきている ■半導体不足などに伴う納期遅延が大きな理由とされている 中古相場が跳ね上がってるのはス...

続きを読む...

これが100台限定フーガの最終バージョン! オーテック×日産東京による特別仕様車「プレミアムセレクトエディション」発売

この記事をまとめると ■オーテックと日産東京のコラボによるフーガ特別仕様車「プレミアムセレクトエディション」が発売 ■フーガ特別仕様車のラインナップは2種類を用意 ■限定100台で発売されて価格は647万1300円から ...

続きを読む...

ついに途絶える日産の高級セダンの系譜! 涙なしでは読めない「セドリック&グロリア」から「シーマ&フーガ」の歴史

この記事をまとめると ■日産のEセグメントセダンが今年の夏に生産を終了する予定と言われている ■シーマとフーガがその中に含まれている ■シーマとフーガの先祖、「グロリア」「セドリック」を振り返る 今では貴重なプリンスの血...

続きを読む...

確かに最近「影が薄かった」けど「シーマ」も消えるのか……「現象」まで巻き起こした高級車は何モノだったのか?

この記事をまとめると ■日産のフラッグシップ「シーマ」の歴史を振り返る ■シーマが生産終了という噂が流れている ■今後の需要を考えると、現行モデルが最後のシーマになる可能性が高い 社会現象にまでなった日本が誇る名車が消滅...

続きを読む...

別の「ED」がメジャーになって消えた? マークIIから突如マークX? どうにも由来が気になる「日本車の車名」3つ

この記事をまとめると ■由来が気になる名前のクルマがいくつか存在する ■今回取り上げたのはフーガ、カリーナED、マークII、マークXだ ■それぞれのネーミングの意味や歴史について解説する 「エキサイティング ドレッシー」...

続きを読む...

なぜ放置? 日産のフラッグシップセダン「シーマ」&「フーガ」はこのまま消えるのか

平均所得も下がり高額車が売れなくなっている  2020年度(2020年4月から2021年3月)に国内で売られたクルマの内、38%を軽自動車が占めた。近年では安全装備の充実もあってクルマの価格が高まり、その一方で平均所得は...

続きを読む...

売れなくても「ヤメちゃダメ」! まもなく消える可能性大&すでに消えた「本当は大切な」国産車5台

車種構成の見直しによって廃止される車種の条件がある  今の自動車メーカーは、電動化を含めた環境性能の向上、安全装備や自動運転技術の開発などに取り組む。その一方で商品の売れ行きは伸び悩み、国内と海外の両方で、生産規模の縮小…

続きを読む...

絶えない「絶版」の噂! 現行モデル限りでひっそり消える可能性の高い国産車5選

トヨタはモデル数が多いため別のモデルに吸収される可能性も  最近ホンダのグレイスとシビックセダン、ジェイドが近々生産終了となることが明らかになった。日本車のラインアップを見ると販売台数や登場時期などから「そろそろなくなる.…

続きを読む...

時代の転換期になったモデル多数! 明暗クッキリの平成16年誕生のクルマ4選

最近は人気が低迷しているセダンが多数登場した  2019年5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東...

続きを読む...

デイリーランキング