本当の絶滅危惧種! ぶっとい音とトルクでブン回したい中古激安の「V8エンジン」搭載車たち (1/2ページ)

本当の絶滅危惧種! ぶっとい音とトルクでブン回したい中古激安の「V8エンジン」搭載車たち

この記事をまとめると

■中古で狙い目となっているV8エンジン搭載車をピックアップ

■国産車でも過去に数モデル設定されていたので信頼性の高いモデルも多い

■元値が1000万円を超えるようなモデルも100万円台から狙うことができる

大排気量V8エンジン搭載車が今狙い目だった!

 今後、より一層進むであろう電動化。そして、モーターと組み合わされるエンジンについても、効率化や省スペース化がなされることで、気筒数も少なく排気量も少ないものが中心となりつつある。

 これは地球環境の問題も考慮するとやむを得ないところではあるが、過去にリリースされた大排気量、マルチシリンダーの車両が規制されるわけではないため、今のうちに中古車で流通しているそういったクルマたちを楽しんでしまうほうが建設的だろう。

【関連記事】同じ排気量&気筒数なのになぜ? メーカーによってエンジン音が異なるワケ

IS F走り画像はこちら

 そこで今回は、中古車として狙うことができる、比較的手ごろな価格のV8エンジン搭載車をチェックしてみたい。

レクサス LS(先代型)

 トヨタが誇るフラッグシップブランドのレクサス。そのなかでも頂点となるのが大型セダンのLSということになる。現行型ではV6モデルのみのラインアップとなってしまっているが、先代型では4.6リッターV8エンジンがLS460に搭載されていた。

LS460全体画像はこちら

 前期型でも385馬力/500N・mを誇るため、動力性能的にも十分となっており、安いものでは中古車として50万円以下の車両本体価格で流通しているため、想像以上に買いやすくなっている。

 そのほか、近い年式としてはトヨタ版のフラッグシップセダンであったクラウンマジェスタにも同様に4.6リッター V8エンジンが設定されており、こちらも50万円台から中古車が存在しているため、好みで選んでもいいかもしれない。

クラウンマジェスタ画像はこちら

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報