「日産 グロリア」の記事一覧

日産 グロリアに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ついに途絶える日産の高級セダンの系譜! 涙なしでは読めない「セドリック&グロリア」から「シーマ&フーガ」の歴史

この記事をまとめると ■日産のEセグメントセダンが今年の夏に生産を終了する予定と言われている ■シーマとフーガがその中に含まれている ■シーマとフーガの先祖、「グロリア」「セドリック」を振り返る 今では貴重なプリンスの血...

続きを読む...

スカイラインの生みの親は「プリンス」! たった10年足らずしか存在しないのに「伝説」となった自動車メーカー

この記事をまとめると ■日産と合併する前のプリンス自動車工業が生んだクルマをプレイバック ■プリンスから誕生したクルマの一部が日産を支えていた ■今でもプリンス自動車出身のクルマとしてスカイラインが生き残っている 技術者...

続きを読む...

クルマの「外装」に木! キノコが生えちゃった例もある「異色」のクルマ3台

この記事をまとめると ◼︎ボディに木目調のウッドパネルを装備したクルマを振り返る ◼︎木目調もいたが、本物の木を採用したクルマもあった ◼︎今では希少な存在なので一部マニアには人気のあるクルマとなっている 「鉄×木」の絶...

続きを読む...

1回消えたが再復活! 1周回って斬新感のあるクルマの装備4選

この記事をまとめると ■世間にブームというものがあるようにクルマ業界にも流行がある ■かつて一世を風靡したものが再びブームになることがある ■登場が早すぎた技術や装備にようやく時代が追いついて再脚光を浴びることがある ダ...

続きを読む...

いまだ全盛なのは日本だけ! 自動車のトランスミッション「CVT」の未来は非常に厳しかった

この記事をまとめると ■CVTは革新的なトランスミッションとして注目を浴びた時期があった ■通常のAT方式の多段化と変速制御の高度化によりCVTの存在意義は失われた ■パワープラントの電気モーター化でATはトルクコンバー...

続きを読む...

かつて「打倒クラウン」に各社は燃えた! トヨタの絶対王者に挑んだ国産セダン5選

この記事をまとめると ■セダンが不人気な現代でもクラウンは月2000台ほど売れている ■高度経済成長期からバブル期まではクラウンのライバルが各社から出ていた ■クラウンを含め今後のセダン市場の動きに注目だ セダンが輝いて...

続きを読む...

【枝分かれした派生の名前がいつしかメインに!】サブネームから生まれたクルマ8選

スペシャル感やスポーティさを表すためにサブネームが付けられた  完全な新型車が登場する場合、まったく新しい車名というだけでなく、サブネームが付けられることもある。最近では少なくなったが、簡単に言えば枝分かれという形で、メ…

続きを読む...

マニアに愛されるクルマの当たり年! 平成11年生まれの名車&迷車5選

時代の変わり目を感じさせるモデルが多い  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といっ...

続きを読む...

デイリーランキング