「スカイライン」の記事一覧

カローラでさえ若者! 驚くべき日本車のご長寿ランキングTOP5

次期モデルの存在が明らかになった国産車も長寿ネームだ  イメージチェンジを狙って新しい車名をかかげるニューモデルもあれば、長年にわたって使い続けてきた名前で伝統をアピールするブランディングもある。長く使われるということは…

続きを読む...

6台すべてが伝説の名車! レースで勝つために生まれた日産の市販車たち

「スカG伝説」や「レース=スカイライン」を作り出した  市販車をベースにしたレース用の車両は、レースごとにレギュレーションで改造範囲が定められている。レース車はFIAなどから公認を得た車両で参戦しなければならないので、自...

続きを読む...

【ムービー】速さのための4WDは雪上でも有効! 技術の日産が誇るさまざまなパワートレインを雪上でチェック

e-POWER 4WDのグイグイ進む感覚に驚き!  日産には多様なパワートレインが存在し、世界中のファンを魅了している。今回は注目の最新モデルに北海道の雪道で試乗できる機会を得た。  テストドライブするのは、モータージャ...

続きを読む...

【試乗】日産がもつ多彩な4WDを雪上で体感! 軽自動車のデイズからスーパースポーツGT-Rまでイッキ乗り

リーフやe-POWERシリーズの綿密な制御はさすが!  日産インテリジェントモビリティの一貫、EVを含む日産が持つ各種パワーユニットと駆動方式の代表的なモデルを一同に集めた試乗会。過酷な条件を求めて北海道・札幌に飛ぶと、...

続きを読む...

【昭和・平成・令和!】3つの時代を生き抜く偉大なる長寿国産車4選

初代のコンセプトを引き継いで3つの時代を経た  時が経つのは早いもので、まもなく登場するヤリスの前身であるヴィッツですら登場から20年以上が経過していると聞いて驚いた人もいたのではないだろうか?  しかし、ヴィッツでさえ...

続きを読む...

レーシーな400Rとラグジュアリーを極めた2台! 日産ブースは個性派スカイラインに注目【東京オートサロン2020】

市販化希望! クルマのコンセプトを際立たせるカスタマイズ  日産自動車は、1月12日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催中の東京オートサロン2020に出展した。注目は新型スカイラインをベースにした、2台のコンセプトモデルだ...

続きを読む...

【じつは売れないってわかってる?】アメリカで成功するも日本でウケない国産車を販売するワケ(後編)

数は少なくても顧客の要望がある以上販売現場は売りたい  トヨタのカムリ、ホンダのアコード。両車はアメリカで年販30万台レベルのロングセラーとして、アメリカ人の生活に馴染んできた。この分野が、Dセグメントセダンだ。もうひと...

続きを読む...

【一気にトレンドになる可能性は?】スカイラインとBMWが採用した「手放し運転」機能の採用は拡大するのか

新型スカイラインのハイブリッドモデルに採用された技術  日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020で、栄えあるイノベーション部門賞を受賞したのが日産スカイライン。2019年7月に発表され、9月から発売を開始した新型スカ...

続きを読む...

元走り屋オヤジ御用達! スポーツカー顔負けの400馬力オーバー激速セダン5選

スカイライン400Rをはじめ、国産車でも400馬力を発揮する  日産スカイラインのマイナーチェンジで登場した新グレード「400R」は、その名の通り400馬力オーバーの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載したことで話題...

続きを読む...

日本のクルマが遅れてるなんて誰が言った! 世界をリードし多大な影響を与えた国産車の技術5選

国産車が世界に先駆けて実現したテクノロジー  走る・止まる・曲がると称される基本機能においてのみならず、利便性や安全性という面からも最新モデルの進化には目を見張るものがある。そのメカニズムは日々進化している。そうして当た…

続きを読む...

いつの時代もクルマ好き憧れの存在! ProPILOT2.0を搭載した日産スカイラインの魅力

大マイナーチェンジを敢行し、運転好き御用達 試乗&リポート 島下泰久  モータージャーナリスト。主な著作として「間違いだらけのクルマ選び(草思社・刊)」など。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。  ハンズオフ、要するに手...

続きを読む...

これぞ安ウマの極み! 廉価なベーシックグレードが買いの現行国産車4選

装備や価格によっては一番安価なグレードでも満足できる  クルマを選ぶ際にグレード選びはなかなか難しいテーマである。グレードはパワートレインと自分の欲しい装備、予算との折り合いを考えながら、営業マンと相談して決めることが多…

続きを読む...

発売から約1カ月半で計画の9倍売れた! 日産スカイラインのマイナーチェンジが成功したワケ

技術の日産を象徴するかのようなモデルに生まれ変わった  2013年9月に登場した通算13代目となるスカイラインは、スカイラインという車名はキープしながらも、インフィニティのエンブレムを装着。ターゲットは40代前半の男性で...

続きを読む...

大型スポイラーは必見! 700個限定の京商SAMURAI最新作は「R31スカイラインGTS-R」

レースで勝つために開発したサラブレッド  日本のみならず海外にも多くのファンをもつ京商のミニカーブランド「SAMURAI」シリーズ。その最新作は、今や現存台数も少なくなってきた、日産スカイライン(R31)GTS-Rだ。1...

続きを読む...

なぜエンジン車には不採用? 日産スカイラインが手放し運転可能な「プロパイロット2.0」をHVのみに搭載したワケ

DASはわずかな修正舵ではステアリングを動かさない  スカイラインがマイナーチェンジでハンズオフ(手放し)運転が可能なADAS(先進運転支援システム)である「プロパイロット2.0」を初採用したことが話題となっています。そ...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング