「日産 スカイライン」の記事一覧

日産 スカイラインに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまだ全盛なのは日本だけ! 自動車のトランスミッション「CVT」の未来は非常に厳しかった

この記事をまとめると ■CVTは革新的なトランスミッションとして注目を浴びた時期があった ■通常のAT方式の多段化と変速制御の高度化によりCVTの存在意義は失われた ■パワープラントの電気モーター化でATはトルクコンバー...

続きを読む...

発売前からファンもメディアも大熱狂! さらに「評価もいい」のに「売れない」残念なクルマ3選

この記事をまとめると ■クルマのなかにはメディアやクルマ好きが発売前から注目するモデルもある ■そうしたモデルのなかには発売後の評価が高いにも関わらず売れないクルマが存在する ■最近登場したなかからそうしたモデル3台を紹...

続きを読む...

パワーが上なのに燃費も上という例も! 排気量も気筒数も同じなのにクルマの燃費が異なる理由

この記事をまとめると ■似たようなスペックのエンジン同士で燃費が結構異なるケースがある ■パワーが出ていて燃費も良いエンジンは熱効率が良い証 ■まだまだガソリンエンジンには伸び代があると考えられる 似たようなクルマでも燃...

続きを読む...

世の中の「注目度」と「影響力」で判断! 国産車「パワーランキング」TOP5を独断と偏見で決定した

この記事をまとめると ■視聴誘因力と認知率で決まるタレントパワーランキングをクルマに当てはめてみた ■売り上げよりも注目度や影響力、知名度といった要素から独断と偏見で選出 ■2021年国産車パワーランキングのトップはスポ...

続きを読む...

スポーツモデルがヤリスやN-BOX並に売れた時代があった! かつてバカ売れした「2ドアクーペ」3台と「衝撃」の数字

この記事をまとめると ■そもそも30年前はいまより新車販売台数が多かった ■登録車に限れば現在の2倍の数字 ■1990年に今考えると驚異的な売れ行きを達成したスポーツモデル3台を紹介する 月販台数が衝撃の1万台超え!  ...

続きを読む...

やっぱりニッポンのモノ作りは凄かった! 世界を変えた「あっぱれ」な日本車たち 

この記事をまとめると ■誕生当時は誰からも見向きもされなかった日本の技術が後世に主役となることもあった ■HV、EV、クロスオーバーSUVなどの現在の人気カテゴリーの先鞭は日本車だった ■技術をいかに実用化して市販へ持ち...

続きを読む...

こんなの俺たちのスカイラインじゃない! いつから日産スカイラインは日本人の「憧れのクルマ」ではなくなってしまったのか

この記事をまとめると ■日産スカイラインは1957年に登場した長寿モデル ■過去のモデルを知る人からは現行型に対する否定的な意見も聞かれる ■その理由や真意について解説する もっと売れたスカイラインは4代目ケンメリ  長...

続きを読む...

日本では衰退気味だが……かつてのファミリーカーであったセダンの良さを改めて見直したい

この記事をまとめると ■かつてはクルマの花形であったセダンだが現在は低迷している ■セダンの魅力は3ボックス構成のスタイルの良さと低重心による走行性能の高さ ■低迷している理由は決してセダンの魅力がなくなったわけではない...

続きを読む...

【新型登場?】日産 スカイラインの現状と今後の展開について

この記事をまとめると ■スカイラインは初代から現在の13代目までで60年を超える伝統ある日産の象徴 ■歴代モデルのなかでもとくに話題となったモデルを振り返る ■現在のスカイラインの立ち位置と次期モデルについて情報をまとめ...

続きを読む...

クルマ好きは喜ぶけどよく考えると「誰が」買う? バカッ速エンジンを積んだ衝撃実用車たち

この記事をまとめると ◼︎どこに需要があるかわからないハイスペックすぎる乗用車は昔からあった ◼︎売り上げは正直イマイチだった ◼︎普通な見た目から想像できないパワーでインパクトは抜群だった ”羊”すぎる見た目を裏切る超...

続きを読む...

50年以上経っても「魂」は残ってる? 「シビック」「クラウン」「スカイライン」の初代と現在を比べてみた

この記事をまとめると ■全長3.4m、2ドアハッチバックが大成長していたシビック ■最初は1.5リッター観音開きドアだったが国産高級セダンという立ち位置は不変のクラウン ■プレミアム系セダンの基本は不変? じつは正しく進...

続きを読む...

ステルビオに4ドアGT-Rで驚くのはまだ早い! オーテックだから挑戦できた「尖りに尖った」名車&迷車5台

この記事をまとめると ■オーテックジャパンは日産車のカスタマイズや福祉車両などを手がける会社 ■長年にわたりさまざまなコンプリートカーをリリースしている ■なかでも一風変わった名車と迷車5台を紹介する エンジンまで変えち...

続きを読む...

右足がとまらない! このご時世にエンジンの「快音」が楽しめる激レアなクルマ5選

いい音がするガソリンエンジンを堪能するなら今!  10年前と比べて、街中を走る乗用車は静かになったと感じませんか? 東京都環境局による交通騒音調査データでは、千代田区神田須田町あたりの騒音が平成21年は昼間で71dbあり...

続きを読む...

中身はマジもんスポーツ! それでも奥様にバレない「隠れ狼」的「瀬戸際」ファミリーモデル5選

クルマ好きパパが納得できるクルマを現役ママが指南!  ずっと好きなクルマに乗ってきた男性にとって、家庭をもったり子供が生まれたりして、いちばん困るのはファミリーカーへの買い替えを迫られてしまうことではないでしょうか。奥様…

続きを読む...

10年で300万台のホンダ「Nシリーズ」! これってどのぐらい「スゴイ」数字?

すべては2011年に発売されたN-BOXから始まった  先ごろN-BOX、N-WGN、N-ONE、N-VANで構成されるホンダNシリーズの累計販売台数が300万台に達した。Nシリーズのスタートは、2011年12月に発売さ...

続きを読む...

デイリーランキング