「スバル 360」の記事一覧

スバル 360に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマが便利になったのは「アナタのお陰」かもしれません! いまじゃ「当たり前装備」にチャレンジした「ファーストペンギン車」6台

この記事をまとめると ◼︎今では当たり前な装備も昔は標準装備ではなかった ◼︎意外にもホンダが日本初や世界初装備を多く取り入れている ◼︎今でも「世界初装備」というのが生まれるくらいクルマの進化は凄まじい 今では当たり前...

続きを読む...

軽トラにSUVまである! スポーツカーでもない「ベタベタの実用車」がMRやRRを採用する「至極実用的」な理由

この記事をまとめると ■MRやRRレイアウトはスーパーカーやスポーツカーのものと思われがちである ■乗用車や実用車でもMR/RRレイアウトが採用されたモデルもあった ■乗用車や実用車でのMR/RRレイアウトの採用には高性...

続きを読む...

いま誰もがクルマに乗れるのは「偉大すぎる」先駆車のおかげ! 世界に名を轟かせた「大衆車」4台

庶民にクルマのありがたみを享受させてくれた偉大な4台  自動車というのは人生において家についで高価な買い物といわれることもある。それでも工業製品の常で、基本的にはどんどん手に届きやすくなっているはずだ。もっとも、最近では…

続きを読む...

これぞ日本の「カワイイ文化」! 360cc時代の「キュートすぎる」軽自動車4台にいま乗れる?

いま新たに購入して所有するのは結構な覚悟が必要  2020年度の乗用車・新車販売は約386万台だった。その内訳を見てみると登録車は約250万台で、軽自動車は136万台。商用車を除いたとしても3台に1台以上は軽自動車となっ...

続きを読む...

なんと1960年代にリッター100馬力の高出力エンジンを積んだホットモデル! スバル360ヤングSSとは

ストライプが入ったボンネットが印象的!  今ではすっかりファーストカーとして、実用にも耐えうるほど性能面でも機能面でも高いレベルとなった軽自動車。そんな軽自動車の元祖とも言える存在が1958年に登場したスバル360ではな...

続きを読む...

男性の視線「釘付け」確実! 女性が乗れば「ギャップ萌え」必至のクルマ5選

意外にも女性が運転しやすいモデルも存在!  街を歩いているときや、信号待ちをしているときなどに、ふとすれ違ったクルマに目を奪われる瞬間って、ありますよね。そのクルマを運転しているのが女性だとわかって、よけいに「わ〜、素敵…

続きを読む...

360cc時代から軽自動車は激戦だった! 壮絶なパワー競争と変わり種モデルバトル

手軽に購入、維持できる移動手段を目的にファミリカーとして登場  日本独自のカテゴリーである軽自動車は、もともと旧通産省の提唱による国民車構想に端を発するクルマだった。誰もが手軽に購入・維持ができる移動手段を目的に、ベーシ…

続きを読む...

昔はいまの軽が巨大にみえるほど小さかった! 軽自動車規格の歴史と時代を作った名車3選【黎明期編】

終戦直後に初の軽自動車規格が制定されるも制約が厳しかった  日本で売れる新車の約4割を占める軽自動車。ガラパゴスと揶揄されたり、過度に優遇され続ける閉鎖的なマーケットと批判されながらも、軽自動車規格という制約の中で発展を.…

続きを読む...

名車揃いだったのになぜ? スバルが軽自動車の自社開発をやめたワケ

使い勝手よりも基本性能! スバルのこだわりが自らを苦しめた  スバルが軽自動車の自社開発からの撤退を発表したのは、忘れもしない2008年4月10日。多くのスバリストを絶望のどん底に追いやった日である。同年12月16日のW...

続きを読む...

ファンでも知らないはじめの1台! 国産メーカー初の市販車とは?

誕生の経緯も特徴的な国産メーカー各社が初めて市販化したクルマ  今や全世界でさまざまな車種を展開する日本の自動車メーカーだが、今回は、そのメーカーたちが初めて世に送り出したクルマに注目してみよう。各社のルーツを辿りながら…

続きを読む...

大メーカーじゃないのに大健闘! 石を投げれば当たるほど街に溢れたスバル車5選

モデル数を考えればこれだけのヒットはスゴイ  スバル車の場合、モデル数が絶対的に少ないだけにヒット車多数とはならないが、水平対向や4WDなど、特異性を武器にして、売れたモデルはいくつかある。今回はそれらを紹介しよう。 1...

続きを読む...

デイリーランキング