「スバル レヴォーグ」の記事一覧

スバル レヴォーグに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

年末年始にクルマを借りるなら「ラク」なほうがいいに決まってる! 乗ると目からウロコのレンタカー5選

この記事をまとめると ■年末年始は遠出する人も多い ■この時期は高速道路では大渋滞が予想される ■冬のドライブがラクになるおすすめのレンタカーを紹介する 上手なクルマ選びが疲労軽減やイライラ防止につながる  年末年始など...

続きを読む...

ジャーナリストを唸らせる魔法のような乗り味変化! ZF製電子制御ダンパー「CDC evo」の可能性が凄い

自動車関連ハードのパイオニア「ZF」の凄すぎるダンパー制御技術 「ZF」は、トランスミッションに代表されるハードウェアからAIなどのソフトウェアまで、多角的に技術開発を行い、自動車メーカーなどに供給しているドイツの自動車...

続きを読む...

ひと昔前の家庭のテレビ並! クルマのモニター「デカさ」選手権をしてみたら衝撃だった

この記事をまとめると ■今のセンターディスプレイは8インチ〜10インチ程度のサイズが主流となっている ■スバルのレヴォーグやテスラは縦に大きい縦長モニターを採用している ■48インチというとんでもないサイズのモニターを持...

続きを読む...

ライバル車が見当たらない! 誰もマネできない「唯一無二感」全開の国産車4台

この記事をまとめると ■ライバル対決が成り立たない唯一無二の国産車をピックアップ ■世界的に見ても貴重な存在という車種もある ■良くも悪くも大きなインパクトを残したクルマは今でも頭ひとつ抜けている印象だ ライバル企画が成...

続きを読む...

国産快速ワゴンに最速モデルが登場! スバル・レヴォーグ「STI Sport R」を設定

この記事まとめると ■スバル・レヴォーグがマイナーチェンジを実施 ■装備の見直しや追加オプション、新色のボディカラーを設定 ■新エンジンを搭載した「STI Sport R」も登場した 唯一無二の快速ステーションワゴンがマ...

続きを読む...

【試乗】新型WRX S4とレヴォーグ STI Sport Rをサーキットで全開! ときに「羊」ときに「狼」の両面を楽しめる

モードによるキャラクターの変化幅は大きい  今回、WRX S4が新型として進化するということで非常に話題になっている。  2.4リッターに排気量アップした上に強力なCVTのトランスミッションを装着し、独自の四輪駆動AWD...

続きを読む...

同じお金を払うならドッチが幸せ? 国産新車 vs 高級輸入車の中古を4番勝負で比べてみた

この記事をまとめると ■国産車の新車と高級輸入車の中古はどちらがお得か徹底比較 ■1000万円クラスの高級車も中古なら数百万円で買える ■輸入車のネックは維持費だがそれを踏まえても買うべきかどうかを検証する 国産の新車と...

続きを読む...

2021年上半期に2番目にクルマを売ったのはスズキ! 3位はダイハツ! トヨタ以外は「軽自動車勝負」の現状

この記事をまとめると ■トヨタの販売力は誰しもが知るところだろう ■2021年上半期もっとも多くクルマを販売したメーカーもトヨタだ ■この記事では2021年上半期に売れたトヨタ車以外のクルマを紹介したい スズキがトヨタに...

続きを読む...

COTY受賞! スバル・レヴォーグの歴史と人気の秘訣

かつてのレガシィ・ツーリングワゴンの役割を担う  この記事では、スバルのステーションワゴン、レヴォーグの基本情報をおさらいしたい。 ■スバル・レヴォーグとは?  レヴォーグはいま日本では孤高の存在ともいえるステーションワ...

続きを読む...

SUVブームでも消えない欧州! 絶滅寸前の日本! 「国産ワゴン」人気が衰退した理由とは

この記事をまとめると ■豊富にあった国産ワゴンはミニバンとSUVにシェアを奪われてほとんどが消滅 ■欧州では走行安定性に優れて荷物も積めるステーションワゴンが好まれる ■クルマ作りが欧州メーカーに近いスバルはワゴンをブラ...

続きを読む...

ドッチが新型? 先代「そっくり」のモデルチェンジを行う理由と「知られざる」メリットとは

ニューモデルのはずだが、素人どころかプロにも差がわからない!  新型車の登場、フルモデルチェンジは、先代オーナーはもちろん、クルマに興味がある人にとって、大きな関心事。しかし、劇的に変わるクルマもあれば、パッと見、先代と…

続きを読む...

ブッチギリの首位! JNCAPファイブスター大賞を受賞したレヴォーグの「凄さ」とは

レヴォーグの成績は断トツだった!  SUBARUレヴォーグが、2020年の自動車アセスメントで5つ星の評価とともに、大賞を獲得した。そのほか5つ星を獲得したのは、トヨタ・ハリアー、ヤリスクロス、ヤリス、ホンダ・フィット、...

続きを読む...

新型レヴォーグがいま一番安全なクルマに選ばれた! 中島飛行機時代から受け継がれる「安全思想」と「最新技術」とは

スバルの安全性能にはいまなお中島飛行機のDNAが根強く  2021年5月25日、スバル・レヴォーグがJNCAP「自動車安全性能2020ファイブスター大賞」を受賞したことが発表された。  自動車アセスメント(JNCAP)と...

続きを読む...

続々増える「手放し運転」可能なクルマ! 「渋滞」がむしろ楽しくなるカーライフとは

今後「渋滞時ハンズオフ機能」が普及することは間違いない  かつて、ドライブデートが生きがいだった頃の話だ。ある日、彼女と湘南にドライブ。しかし帰路、彼女の家の近くになって連休最終日の夕方ということもあり、道は大渋滞。もう…

続きを読む...

ガチライバル車なのに売れ行きは明暗くっきり! 「ダブルスコア」どころじゃない差が付いたクルマ3組

ヤリスVSフィットはヤリスが販売台数で圧倒している  コロナ禍のなか、新車の販売台数は決して大きく落ち込んではいない。むしろ、コロナ禍だからこそ、パーソナルな移動が可能になるクルマの需要が高まっているともいえそうなのだ。...

続きを読む...

デイリーランキング