「スバル サンバー」の記事一覧

スバル サンバーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

先進安全装備や新開発ミッションを搭載! スバル・サンバーが大幅改良を実施

この記事をまとめると ■スバルのサンバーが大幅改良を実施 ■安全装備や新開発のミッションが搭載されている ■上級グレードも用意されており、アウトドアなどでも利用しやすくなっている 使い勝手と安全性を高次元で両立した軽バン...

続きを読む...

スズキのカローラ! トヨタのMAZDA2! 日本人には信じられない「海外の衝撃OEM」事情

この記事をまとめると ■日本でもそれぞれのメーカーのメリットが合致すればOEM販売が行われる ■日本では見られない日系メーカー同士のOEM供給車が海外では見かけることがある ■電動化時代に突入するとさらにOEM販売が盛ん...

続きを読む...

4WDと水平対向だけがアイデンティティじゃない! 世界初のCVT搭載量産車はスバル車だった

この記事をまとめると ■世界で初めて量産車にCVTを搭載して発売されたのはスバル・ジャスティだった ■高価でクリープがなく、機械式変速比制御による動きなどで普及はしなかった ■当時のノウハウが現在のスバルのCVT「リニア...

続きを読む...

じつは「美味しくない」商売だった! ホンダや日産&三菱が「軽トラ」で勝負しないワケ

軽トラは規定が決まっており差別化することができない  日本独自のレギュレーションである軽自動車が、世界のカーマニアから注目されている。とくにアメリカなどで軽トラック、いわゆる「軽トラ」が遊びクルマのベースとして改造された…

続きを読む...

まさか「中古軽トラ」まで手が出せない! 新車を上まわる「価格高騰」の中古軽自動車3選

今後更なる価格上昇の可能性もある平成ABC!  軽自動車と言えば、限られたボディサイズと排気量のなかでさまざまなユーザーのニーズを満たそうと各メーカーが努力を重ねて生み出されたものであり、最近は装備が充実してコンパクトカ...

続きを読む...

荷物を乗せて軽快に走る! 京商から人気の軽トラ「スバル・サンバー」のラジコンが発売中

エアロパーツでカスタムも可能!  モデルカーはもちろん、本格的なRCカーも多数取り揃える京商。同社に人気シリーズ「京商エッグ」ブランドから、軽トラック「スバル・サンバー」のRCカーをモデル化して発売中だ。価格(税抜き)は...

続きを読む...

農道のポルシェに小さなセルシオ! いま復活すれば話題沸騰間違いなしの消えた名車4選

同様のコンセプトがないモデルや現代の概念に合ったモデルも!  毎年多くの新型車が登場する一方で、残念ながら生産を終了してしまうモデルもある。生産を終了する理由はさまざまだが、なかには惜しまれつつ姿を消していったモデルや時…

続きを読む...

クルマ好きに隠れファン多し! 軽トラック販売ランキングTOP8と各車のウリとは

OEMも多いが8つのブランドから販売されている  目立たない存在であるが、軽トラックは2019年の日本車全体の販売台数が約520万台、軽自動車が約191万台販売された中で18万2563台を売り上げた (軽商用全体は43万...

続きを読む...

名車揃いだったのになぜ? スバルが軽自動車の自社開発をやめたワケ

使い勝手よりも基本性能! スバルのこだわりが自らを苦しめた  スバルが軽自動車の自社開発からの撤退を発表したのは、忘れもしない2008年4月10日。多くのスバリストを絶望のどん底に追いやった日である。同年12月16日のW...

続きを読む...

アオシマの新作はトヨタ・クラウンと消防車仕様のスバル・サンバー! 1/24スケールで間もなく発売

好みの仕様を選択して仕上げることも可能  魅力的なプラモデルなど多数ラインアップする青島文化教材社。同社の人気シリーズ「ザ・モデルカー」の最新作として、トヨタ・クラウン ロイヤルサルーンG/アスリートG(GRS182)と...

続きを読む...

貴重じゃないけど中古で今乗るべき! 令和には生まれない「隠れ国産名車」4選

今ならまだ安く買える唯一無二の個性をもった愛すべきクルマたち  生産が終了してしまったモデルについては当然ながら中古車でしか買うことができない。そのため、貴重なモデルなどについては新車並みの価格やそれ以上の価格で取引され…

続きを読む...

デイリーランキング