4WDと水平対向だけがアイデンティティじゃない! 世界初のCVT搭載量産車はスバル車だった (1/2ページ)

4WDと水平対向だけがアイデンティティじゃない! 世界初のCVT搭載量産車はスバル車だった

この記事をまとめると

■世界で初めて量産車にCVTを搭載して発売されたのはスバル・ジャスティだった

■高価でクリープがなく、機械式変速比制御による動きなどで普及はしなかった

■当時のノウハウが現在のスバルのCVT「リニアトロニック」に活かされている

世界で初めて量産車にCVTを搭載したのはスバルだった

 今では多くの国産コンパクトカーに採用されているトランスミッションであるCVT。これはいわゆる無段変速機であり、変速比を幅広くとることが容易なため、出力の小さなクルマでも走行性能と燃費性能を両立させることができ、コスト面でも多段ATよりも安く済むというメリットがある。

 そのため、軽自動車~コンパクトカーといった比較的ローパワーの車両に使われることが多いのだが、そんなCVTを量産車として初めて搭載したモデルをご存知だろうか?

 それこそが1984年にスバルがリリースしたリッターカー、ジャスティである。

【関連記事】CVTの夜明けを担った意欲作! なのに1代限りで消滅した残念なクルマ4選

スバル・ジャスティのフロントスタイリング画像はこちら

 このジャスティ、当初はリッターカーとしてデビューしたのだが、1985年10月には1.2リッターモデルを追加し、1987年2月に世界初のCVT搭載モデルをリリースしたのだ。

 このこのCVTミッションはオランダのヴァン・ドルーネ社と共同開発したスチールベルト式CVTであり、スバルでは「ECVT(電子制御電磁クラッチ式無段変速機)」と呼んでいた。

 だが、量販グレードが80万円台だったジャスティにおいてCVTモデルは7万円ほど高価であり、直接的な販売増にはつながらなかった。

 また、乗り味もクリープがなく、エンジンの回転数と速度がアンマッチな点や機械式となっていた変速比制御によってギクシャクした動きを見せることがあった点も、当時広く普及しなかった理由と言われている。

画像ギャラリー