「スズキ スイフト」の記事一覧

スズキ スイフトに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

不人気のセダンにありふれたミニバンだろ!? もはや異常な中古価格高騰中の国産車6選+α

この記事をまとめると ■今、各モデルの中古車相場が全体的に上昇気味だ ■スポーツカーをはじめ、一般的な乗用車にまで影響が出てきている ■半導体不足などに伴う納期遅延が大きな理由とされている 中古相場が跳ね上がってるのはス...

続きを読む...

スイフトや86がマクラーレンやポルシェ911に勝つ下克上! いま全日本ジムカーナの「オートマ車」クラスが異常な盛り上がりを見せていた

この記事をまとめると ■全日本ジムカーナ選手権には2ペダルモデルで参戦できるクラスがある ■マクラーレンなどのスーパーカーから軽自動車まで多種多様な車両が参戦している ■必ずしも大パワー車両が有利なわけでなくスリリングな...

続きを読む...

無意味な区分けが邪魔をして大きくできない! 日本の小型車がさいなまれる「5ナンバーの呪縛」

この記事をまとめると ■かつては5ナンバーだったモデルが新型車で3ナンバー化している ■グローバルでの販売面でも衝突安全基準の面でもボディをワイド化したほうが有利になる ■小型車規格改正から50年以上が経過しており、5ナ...

続きを読む...

自動車コラムニスト山本晋也さん最終的に行きついたのはエブリイバンだった! 【みんなの愛車遍歴 Vol.2】

この記事をまとめると ■WEB CARTOP執筆陣の愛車遍歴を紹介、第2弾は自動車コラムニストの山本晋也さん ■最初のマイカーはスターレットGTで独立初期の相棒はアルミボディの2シーター ■経験することを優先したクルマ選...

続きを読む...

免許取り立ての「不安」はクルマがカバー! 100万円以下で買える「苦手ポイント別」中古車5選

小柄な人や横揺れが苦手な人にオススメなモデルも存在  この春から新生活をスタートした皆さん、おめでとうございます! それを機に運転免許を取って、初めての愛車選びの真っ最中という人も多いかもしれませんね。初めての土地で、初…

続きを読む...

このご時世に「70%超え」の猛者も! MTが売れまくりのクルマとは

MT率が圧倒的に高いモデルも存在!  直近のデータでは、国内で販売される乗用車の99%はAT車というこの時代に、3ペダルのMT車のほうが売れている車種がいくつかある。そうしたMT車が支持されているクルマをピックアップして...

続きを読む...

このご時世に「MT」でしかも200万円以下! いまや貴重な「走り系」実用車4選

家族で使えるスポーティで楽しいクルマは数多い  約20年前までは、ファミリーカーの価格について200万円を上限に考えるユーザーが多かった。ホンダの初代ステップワゴンのようなミドルサイズミニバン、日産の初代エクストレイルな...

続きを読む...

「失敗する」の声も上がる「クラウンSUV」の噂だが果たして? 大幅「方向転換」で成功を納めた国産車4台

セダンからハッチバックへ大胆なイメチェンを果たしたモデルも! 「いつかはクラウン」、トヨタ乗用車のフラッグシップであり、日本のセダン市場のシンボルともいえるクラウンが、次期モデルではSUVスタイルになるというウワサが流れ...

続きを読む...

無理して「高い」の買う必要なし! 下位グレードでも「大満足」できるクルマ8台

市場の動向の迷わされず「必要」なグレードを買うのが吉  クルマを購入する際はクルマ自体に加え、グレード選びも難しい。一番大切なのは自分にあったものを選ぶことなのだが、実際には販売比率などのイメージに惑わされてしまうケース…

続きを読む...

安さが取り柄だった「コンパクトカー」の常識を変えた「偉大なる」6台

2000年代初頭にはエポックメイキングなコンパクトカーが続々登場  いまや国産車のトップセールスを誇るコンパクトカー。しかし、かつては安かろう、悪かろう、というか、値段なりのクルマだったものが、あるきっかけで、偉大なるコ...

続きを読む...

このご時世に1トン切りの衝撃! 「軽さが命」の現行国産車4選

先代モデルより大幅な軽量化に成功したモデルも存在!  クルマの動力性能を司る要素は数多く存在するが、そのなかでも多方面に多大な影響を与えるのが車両重量だろう。同じ性能を持ったエンジンを搭載しているのであれば、軽量なボディ…

続きを読む...

乗り替え時の「安心度」この上なし! 「3代」or「15年」以上コンセプトが変わらないコンサバ国産車9選

派生モデルが登場するほど人気が出てきたモデルも存在!  クルマにはモデルチェンジで大きくコンセプトを変えるものがあるのと対照的に、長年キープコンセプト(正常進化)を続けているものもある。今回は3世代もしくは15年以上キー...

続きを読む...

女性ならクルマもファッションの一部と捉えるべし! 7つの服の系統別オススメの小型国産車14台

愛車やファッションはその人のイメージに影響する!  春はコロナ禍で外出できず、夏は猛暑でオシャレどころではなく、秋が深まってようやく大好きなファッションを楽しめるようになった気がしますね。Go toキャンペーンなどで、オ...

続きを読む...

ハイブリッドもある! スポーツもある! それでも「スイフト」が「ヤリス」や「フィット」に勝てない謎

燃費や実用性でライバルに対して負けている  クルマには複数のカテゴリーがあるが、最近は軽自動車に次いでコンパクトカーの人気が高い。トヨタ・ヤリス、ホンダ・フィット、日産ノートは、販売ランキングの上位に入る。今は安全装備や…

続きを読む...

「嫌味」なく「デキる感」を演出! 男子からの評価もあがる女子が選んで間違いないクルマ5台

走りにも定評のあるモデルばかり!  女性のクルマ選びは一筋縄ではいかないものです。一目惚れや第一印象の「好き!」だけで突っ走り、そのままの勢いで購入するのはもちろん、本人にとってはいちばん幸せなこと。ですが、そうではなく…

続きを読む...

デイリーランキング