「トヨタ/レクサス グランエース」の記事一覧

トヨタ/レクサス グランエースに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

1位は納得のど迫力オフローダー! 日本車「幅広選手権」をやってみたら表彰台はトヨタが独占した

この記事をまとめると ■現行車で全幅の広いモデル上位4台をリストアップ ■意外なことにスポーツカーはほとんど入らない結果となっている ■今も昔もトヨタが幅広いモデルを多く手掛けている 今買えるクルマで車幅が極端に広いモデ...

続きを読む...

「車庫入れ困難」「Uターン不可」レベルの街乗りで勇気が必要なクルマも! 最小回転半径の「大きい」「小さい」モデルを調べてみた

この記事をまとめると ■最小半径の大きなクルマと小さなクルマを紹介 ■ボディサイズはじつはあまり関係なかったりする ■見た目によらず小まわりが利くクルマもあれば、カスタムにより悪化したクルマもある 気にせずに買うと大変な...

続きを読む...

売れなかろうが関係なし! 個性命で「ライバル不在」の孤高のクルマ5選

この記事をまとめると ■他にライバルのいない個性派国産車をピックアップ ■唯一無二の存在がそのクルマの価値観を高めている ■メーカーの色やこだわりが色濃く出ているのが特徴でもある ありそうでない! 個性派すぎる国産車を集...

続きを読む...

雰囲気で買うと「ブーイング」必至! ファミリーカーっぽいのにファミリー向きじゃないクルマ5台

この記事をまとめると ■コンパクトカーだと開口部の狭さが仇となるケースが多い ■大きすぎる車体は行き先が制限されがち ■足まわりが硬いと同乗者から不満が出る場合があるのでちゃんと試乗すること ファミリーユースに向いてそう...

続きを読む...

アルファードを超える豪華ミニバンとして期待は大きかった! なのに「グランエース」が低迷する理由

アルファードより圧倒的に少ないが販売目標はクリアしている  2021年1〜3月の販売統計を見ると、トヨタ・アルファードが各月ともに1万台以上を登録した。2020年にトヨタの全店が全車を扱う体制に移行して、姉妹車となるヴェ...

続きを読む...

いま急増中の「車内仕事」! より快適な「オフィス環境」を実現できる国産車トップ5

アルファード&ヴェルファイアの後席は仕事しやすい環境が整う  ここ最近、コロナ禍の影響で、ステイホーム、リモートワークという新しい生活、仕事の様式が注目、というか余儀なくされている。自宅に仕事部屋があれば問題ない...

続きを読む...

「流行感度」ビンビンの女子ウケ確実! 「超未来感」を感じさせる装備をもつクルマ5選

「プロパイロット・パーキング」があれば駐車もラクラク  いつの時代も、女子は新しいものが大好き。アイシャドウや口紅だって、毎シーズンのように新色が登場するし、バッグやシューズも流行がどんどん変わります。お掃除ロボットなど…

続きを読む...

誰もマネ「しない」のか「できないのか」? 個性強めで「若干レア」なクルマ5選

アウトドア派や都市型のクルマにも個性的なモデルが存在  売れてるクルマも気になるけど、ご近所さんやお友達とカブる可能性が高いのはちょっとね、と思っている皆さん。売れてるクルマが必ずしも自分を満足させてくれるとは限らないで…

続きを読む...

開発陣が語る! チーム一丸で徹底的にこだわり抜いたトヨタ・グランエース誕生秘話

3人以上のVIPが快適に移動できる送迎車がなかった  国内の高級ミニバンと言われたとき、多くの方が真っ先に思い浮かべるのはトヨタのアルファード、そしてヴェルファイアではないだろうか。豪華なデザインとゆとりのある後席空間は...

続きを読む...

数多くのモデルが誕生! トヨタ・グランエースへ続くトヨタが生み出したミニバンの歴史を辿る

5ナンバーサイズでスペース効率を求めた商用車から始まった  ワンボックスカーは海外ではほとんど見られず、日本独自のジャンルと言える。その理由は税制にある。自動車税はかつて、排気量とクルマのサイズで決まっていた。5ナンバー...

続きを読む...

世界のVIPも納得の極上デザインを! トヨタ・グランエースで追求したデザイナーのこだわりとは

日本の美意識で凜とした美しさと高級感を追求  海外で販売される新型ハイエースと一部の構造を共有しつつも、乗用ユースに対応するため専用設計された新型グランエース。そのデザイン過程も、いわゆる「派生モデル」とはいくぶん違った…

続きを読む...

すべては乗員の快適な移動のために! トヨタ・グランエースのメカニズムに迫る

BODY 高級ミニバンにふさわしい静粛性と走行安定性を実現  グランエースは海外仕様のハイエースと一部の構造を共有しながら、乗用ユースに対応するために専用設計されている。2019年に新型となった海外仕様のハイエースは、T...

続きを読む...

VIPも大注目のトヨタ・グランエース! 圧倒的存在感の内外装を徹底チェック

Exterior 上質かつ威風堂々とした佇まいを表現  グローバル仕様のハイエースと一部の構造を共有しながら、より上級指向のミニバンとして作られたのがグランエースだ。  グローバル仕様のハイエースは、「人を乗せるためのク...

続きを読む...

タクシー用の行灯? トヨタ・グランエースの屋根にある「ちょんまげ」の正体とは

ほかのトヨタのミニバンには見られない箱のようなもの  日本初のプレミアムコミューターとして登場したのがトヨタのグランエース。アルファードやヴェルファイアとは違った高級感で、乗る人をもてなしてくれるクルマとして人気は高い。…

続きを読む...

【ある意味アルヴェルより豪華だけど買っても大丈夫? 】乗ってわかったトヨタ・グランエースを乗用で使う場合の注意点とは

選ぶべきグレードは6人乗りのプレミアム  アジア向けハイエースをベースに、日本専用の上級送迎車として開発されたのがグランエースだ。グレードは、2/3列目席にアルヴェルのエグゼクティブパワーシートを4脚奢った3列6人乗りの...

続きを読む...

デイリーランキング